全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

渡り鳥飛び立ち、圧巻の光景

餌場に向かうため、一斉に飛び出すマガンの群れ(能代市の小友沼で、17日午前7時10分ごろ)

 国内有数の渡り鳥の飛来地として知られる能代市の小友沼に、南下中の渡り鳥が数多く集まっている。17日はガン類やハクチョウ類など約2万1千羽が観測され、朝方には餌場に向かって一斉に飛び立って行き、圧巻の光景が広がった。
 能代山本地方は渡り鳥の飛来ルート上にある。特に小友沼は、毎年この時期になるとガン類やハクチョウ類、カモ類などが飛来し、数万羽が身を寄せる。
 小友沼で野鳥の観察活動を行うおとも自然の会(秋林弘道会長)によると、今年は9月下旬から渡り鳥が飛来して徐々に数が増加し、先月12日には約1万5千羽に達した。その後は増減を繰り返し、今月16日は2万羽を超えたという。
 17日早朝はマガン約2万羽、ハクガン約840羽のほか、シジュウカラガンやハクチョウも沼で羽休め。午前6時をすぎると一斉に羽音を響かせながら飛び立ち、上空を旋回したり、餌場に向かっていくなど圧巻の光景が広がった。
 渡り鳥は大潟村などの田んぼで落ち穂を食べ、夕方ごろになると小友沼に帰って来る。沼が凍る時期になると、宮城県や新潟県に南下して冬を越すといい、来年の北帰行の時期になると再び小友沼に飛来する。
 同会は、観察のため車で沼に近づく際は、ライトを消し、クラクションを鳴らさないように呼び掛けている。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク