全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「eスポーツ」伊那市で熱戦 初のアンダーリーグ

人気格闘ゲームで熱戦を繰り広げた参加者たち

コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」の振興に取り組む「長野県eスポーツ協会(NeSPA)」は今秋から、プロを目指すアマチュア向けのリーグ戦「アンダーリーグ」を県内各地で試験的に実施している。国内では珍しい取り組みといい、16日はリーグ5戦目となる予選会を伊那市内で初開催。県内外の若者ら約30人が、人気格闘ゲームで熱戦を繰り広げた。

リーグ戦では、10~12月に県内全7会場で予選を実施し、予選突破者による決勝戦を12月に松本市で行う予定だ。各予選や決勝戦の優勝者には賞金が贈られる。

同協会によると、アマチュア向けの大会は単発では行われているものの、リーグ戦として継続実施するのは国内では例がないという。2020年の本格実施を目指していて、信州をeスポーツが最も盛んな地域にしたい考え。県外からの参加など交流人口の拡大も見込めるという。代表理事の市川潤さん(33)=松本市=は「多くの人にとってeスポーツがより身近なものになるようにし、プロへの登竜門となるリーグにしていきたい」と意欲を見せている。

伊那市内の予選に参加していた駒ケ根市の30代男性は「普段はインターネットで対戦しているが、きょうは面と向かって交流でき臨場感もあって楽しめた。みんなが集まれる大会が増えると、うれしいですね」と話していた。

関連記事

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食...

紀伊民報社

梅咲く山道を駆ける みなべで「梅の里トレイルラン」

 和歌山県みなべ町の高城、清川地域で18日、山道を走るトレイルランニングの大会「梅の里トレイルラン2024」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)が開かれた。ミドル(27キロ)と5年ぶりに復活した...

長野日報社

ソリ人間、霧ケ峰滑走 初のコンテスト 長野県諏訪市郊外

 長野県諏訪市郊外の霧ケ峰スキー場で17日、自作のそりと仮装で競い合う「霧ケ峰ソリ人間コンテスト」が開かれた。市民有志でつくる「霧ケ峰Act」が霧ケ峰の活性化を狙いに初めて催し、親子を中心に県内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク