全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ジャバラ収穫始まる

収穫が始まった村営農園のジャバラ(16日、北山村で)

 和歌山県北山村特産のかんきつ「ジャバラ」を栽培している村営農園で16日、果実の収穫が始まった。「今年は天候に恵まれ作柄も良い」と担当者。収穫は12月上旬まで続く見通し。
 ジャバラは村に自生していたかんきつで、村おこしとして栽培。近年、花粉症などの緩和に効果があるとして注目が高まっている。
 村では、村営農園を含め農家29戸が計約8ヘクタールで栽培。村営の相須農園ではこの日、午前7時半ごろから作業員約10人が、テニスボールほどの大きさになった果実を一つずつ丁寧に収穫した。
 収穫量は村全体で約100トンを見込んでおり、1割が果実として出荷、9割は加工品になるという。

関連記事

豊川の小中学校で人権教室

 今月4~10日の人権週間に合わせて、豊橋人権擁護委員協議会豊川地区委員会(細野文治会長)は豊川市内の小中学校で出張人権教室を開いた。  国府町の市立西部中学校では人権擁護委員11人が来校し「権...

荘内日報社

庄内スマートテロワール 生産されたジャガイモ学校給食に

 鶴岡市を中心に地域で特色ある食料自給圏の形成を目指す「庄内スマート・テロワール(庄内自給圏)」事業で生産されたジャガイモを使った学校給食が今月の限定日、同市内の小中学校37校で実施される。10日は11...

開運おみくじ 1年の始まりに 元日から音更神社で頒布

 音更神社(佐々木敬宮司)は元日から、来年の干支(えと)「子(ね)」にちなんだ手のひらサイズの「開運干支おみくじ」を新たに頒布する。  白色の素焼き陶器をベースに、かわいらしいネズミのイラス...

冬の石垣島、幻想的に 美ら島イルミネーション点灯

 クリスマスを2週間後に控えた11日夕、石垣市役所第2駐車場前で恒例の美ら島イルミネーションが点灯され、約1万球のLEDライトが石垣島の市街地を幻想的に彩った。実施期間は11日から3月末まで。時間...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク