全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ひまわりの種1万5000個まく

第3回黄色!絶景プロジェクト「ひまわり感謝祭」で、ひまわりの種をまく参加者=25日午前、川平石崎半島入り口道路沿いの畑

 サトウキビの収穫後から夏植えまでの農地の赤土流出防止や緑肥化などを目的にひまわりの種をまく第3回黄色!絶景プロジェクト「ひまわり感謝祭」(主催・農業生産法人川平農村振興会、川平離島体験委員会)が25日午前、川平石崎半島入り口道路沿いの畑で開かれ、市民や観光客ら約100人が参加した。  2016年から開催して、ことしで3回目。川平地域の農家に協力を得て、昨年よりも広い4万9586平方メートル(1万5000坪)の畑に参加者が1万5000個(156キロ)の種をまいた。開花イベントも計画している。  県内に住所を有する人を対象に県内離島の歴史や文化、自然、人々との交流を体験する離島観光・交流促進「島あっちぃ」事業の参加者約30人も作業に汗を流した。  同級生同士の3家族9人で同事業に参加したという玉城厚三さん(50)=那覇市=は「石垣島は3回目だが、このようなイベントへの参加は初めて。天気にも恵まれて気持ちよかった。開花後は機会があったら見にきたい」と笑顔。長女の和華さん(11)は「暑かったけど、楽しかった。開花が楽しみ」と語った。  川平離島体験委員会事務局の劉達成さんは「ひまわりがきれいというより実はサンゴ礁を守る役目や、サトウキビの栄養になっていることも含めて意味があることを知ってもらいたい。いろんな地域にも広がっていけばうれしい」と期待した。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク