全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ひまわりの種1万5000個まく

第3回黄色!絶景プロジェクト「ひまわり感謝祭」で、ひまわりの種をまく参加者=25日午前、川平石崎半島入り口道路沿いの畑

 サトウキビの収穫後から夏植えまでの農地の赤土流出防止や緑肥化などを目的にひまわりの種をまく第3回黄色!絶景プロジェクト「ひまわり感謝祭」(主催・農業生産法人川平農村振興会、川平離島体験委員会)が25日午前、川平石崎半島入り口道路沿いの畑で開かれ、市民や観光客ら約100人が参加した。  2016年から開催して、ことしで3回目。川平地域の農家に協力を得て、昨年よりも広い4万9586平方メートル(1万5000坪)の畑に参加者が1万5000個(156キロ)の種をまいた。開花イベントも計画している。  県内に住所を有する人を対象に県内離島の歴史や文化、自然、人々との交流を体験する離島観光・交流促進「島あっちぃ」事業の参加者約30人も作業に汗を流した。  同級生同士の3家族9人で同事業に参加したという玉城厚三さん(50)=那覇市=は「石垣島は3回目だが、このようなイベントへの参加は初めて。天気にも恵まれて気持ちよかった。開花後は機会があったら見にきたい」と笑顔。長女の和華さん(11)は「暑かったけど、楽しかった。開花が楽しみ」と語った。  川平離島体験委員会事務局の劉達成さんは「ひまわりがきれいというより実はサンゴ礁を守る役目や、サトウキビの栄養になっていることも含めて意味があることを知ってもらいたい。いろんな地域にも広がっていけばうれしい」と期待した。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク