全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新千歳空港の新誘導路、年度内に完成へ 離着陸機の移動距離短縮

新設される南側誘導路のルート

 新千歳空港で国際線用の新誘導路造成工事が順調に進んでいる。スムーズな離発着を目指し、2016年から空港南側に全長1・7キロ区間で整備中で、完成は今年度末の予定。駐機場と滑走路間の移動距離が現行と比べて約1・5キロ短縮されるほか、運航便数が増えている国際線の安全性向上も期待できる。

 新誘導路は中央の本体部分が30メートル、左右の路側帯は各15メートル。工事を担当する札幌開発建設部によると、造成費用は55億円。作業は計画全体の約9割まで完了している。路面は航空機の重量に耐えられるよう通常の3倍の厚さに相当する35センチで4層構造とする。

 現在使用されている北側の国際線誘導路は混雑することが多く、冬期間は出発前に行う機体への防氷液の塗布作業に影響を及ぼすこともあった。南側誘導路は旅客機がスムーズに旅客ターミナルビルと滑走路を行き来できる新たな動線となる。

 今回の造成工事は16年に着手した「国際線ターミナル地域再編事業」の一環。南側誘導路以外に、交差道路のアンダーパス化、3機分の駐機場増設、地上支援車両置き場の移転などを実施しており、総工費は約190億円。このうちアンダーパス化は車両通行の利便性向上を狙い、南側誘導路の下をくぐる形で空港から苫小牧方面に縦貫する道路を片側2車線化する。今年4月に暫定供用を開始し、20年3月までに完成する。

 新千歳空港では年々国際線需要が伸びており、18年度の乗降旅客数は前年比13%増の373万人。国際線ビルが開業した10年度(95万人)から8年で約4倍に急伸している。再編事業に基づく国際線ビルの増築もあり、今後も訪日外国人旅行者の伸びが期待されている。

 同事業所の藤田謙二所長は「年度内の完成に向けてしっかりと整備を進めたい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク