全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新千歳空港の新誘導路、年度内に完成へ 離着陸機の移動距離短縮

新設される南側誘導路のルート

 新千歳空港で国際線用の新誘導路造成工事が順調に進んでいる。スムーズな離発着を目指し、2016年から空港南側に全長1・7キロ区間で整備中で、完成は今年度末の予定。駐機場と滑走路間の移動距離が現行と比べて約1・5キロ短縮されるほか、運航便数が増えている国際線の安全性向上も期待できる。

 新誘導路は中央の本体部分が30メートル、左右の路側帯は各15メートル。工事を担当する札幌開発建設部によると、造成費用は55億円。作業は計画全体の約9割まで完了している。路面は航空機の重量に耐えられるよう通常の3倍の厚さに相当する35センチで4層構造とする。

 現在使用されている北側の国際線誘導路は混雑することが多く、冬期間は出発前に行う機体への防氷液の塗布作業に影響を及ぼすこともあった。南側誘導路は旅客機がスムーズに旅客ターミナルビルと滑走路を行き来できる新たな動線となる。

 今回の造成工事は16年に着手した「国際線ターミナル地域再編事業」の一環。南側誘導路以外に、交差道路のアンダーパス化、3機分の駐機場増設、地上支援車両置き場の移転などを実施しており、総工費は約190億円。このうちアンダーパス化は車両通行の利便性向上を狙い、南側誘導路の下をくぐる形で空港から苫小牧方面に縦貫する道路を片側2車線化する。今年4月に暫定供用を開始し、20年3月までに完成する。

 新千歳空港では年々国際線需要が伸びており、18年度の乗降旅客数は前年比13%増の373万人。国際線ビルが開業した10年度(95万人)から8年で約4倍に急伸している。再編事業に基づく国際線ビルの増築もあり、今後も訪日外国人旅行者の伸びが期待されている。

 同事業所の藤田謙二所長は「年度内の完成に向けてしっかりと整備を進めたい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク