全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣市 中山市長、欧州訪問へ 東京五輪パラリンピック ホストタウン都市登録で

ホストタウン2カ国を訪問すると発表する中山義隆市長。交流事業に意欲を示した=15日夕、庁議室

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックで、石垣市が欧州のサンマリノ共和国とルクセンブルクの2カ国を受け入れるホストタウン都市に登録されたことを受け、中山義隆市長は15日、19日から23日までの日程で両国を訪問すると発表した。事前合宿や事後交流などの具体的な内容について調整する。

 市によると、両国からはオリンピック選手の事前合宿の可能性があるとの報告を受けているという。ほかにルクセンブルクの中高等学校が八重山高校との交流プログラムを予定しており、今回の訪問で具体的な受け入れ態勢や交流の進め方について意見交換する。事前交流の一環として来年1月26日の石垣島マラソンに、両国の駐日大使がスターターとして参加する予定だ。

 訪問団は中山市長と観光文化課、スポーツ交流課の職員と通訳の4人。現地ではオリンピック委員会や日本大使館の関係者らと面会する。

 中山市長は「学生にも交流が広がれば魅力的なつながりができると思う。サンマリノは観光が盛んで、ルクセンブルクは1人当たりの国内総生産(GDP)が世界一高い。観光のマーケットの上でも有効だと思う。交流を通して市民がオリンピックをより身近に楽しんでもらえるようにしたい」と述べた。 

 市は、交流プロジェクトやPRプロジェクトについて市民のアイデアも募っている。問い合わせは観光文化課(82-1535)。

 ホストタウン制度は▽スポーツ立国▽グローバル化の推進▽地域の活性化▽観光振興ーなどの観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図ることを目的としたもの。竹富町もサンマリノのホストタウンになっている。

関連記事

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

紀伊民報社

構内で時間旅行 かつての駅ジオラマ展示

 JR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)は、赤い三角屋根が特徴だった旧駅舎のジオラマを展示している。1955(昭和30)年当時の写真を基に利用客や周辺に駐車する車も再現しており、駅構内で懐かしい「時...

「ボンバー」が熱血指導 元日本代表 中澤さんサッカー教室 士幌

 士幌町開町100周年を記念し、サッカー元日本代表中澤佑二さんを招いた「サッカー教室」が25日、町総合研修センター・アリーナで開かれた。  町内の小・中学生47人が参加。ボールを使ったドリブル...

宇部日報社

「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動 宇部市内でイベント

 「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動―宇部市の篠崎圭二市長は29日、市出身の庵野秀明さんが総監督を務めた映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場する舞台のモデルの一つとなったJR宇部新川駅で記者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク