全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

稚児が舞う 「やつはち」奉納

境内に設けた「能舞台」で舞を奉納する稚児ら=15日、白浜町堅田の堅田八幡神社で

 和歌山県白浜町堅田、堅田八幡神社の例祭(県文化財)が15日にあり、午前中には、稚児が舞「やつはち」を奉納した。
 額と頬に紅を塗った男児3人が、締太鼓に合わせ「右回り」「左回り」「ばちを持ち、エイヤー」「片膝付き」などの指示に合わせて舞った。
 神社近くの福田谷地蔵堂、民家、神社境内に設けた「能舞台」の3カ所で舞を奉納した。神社までの道中は、稚児の足を地面に下ろさないよう肩車をし、笠鉾(かさほこ)などとともに渡御した。
 3年目の参加だった町立とんだ幼児園年長組の黒田成立君(5)は「練習通りにできたし、全部楽しかった」と笑顔で話した。
 「やつはち」は江戸時代に始まったとされる。稚児は毎年、就学前の4人が務める。1年目は「月輪」、2年目は「日輪」、3年目が「獅子」。4年目は控えの「雇われ」で、他の3人が出られない時に演じる。
 午後には、境内で雌雄2体の獅子舞が奉納された。地区で分けた上組は優雅な雌獅子、下組は力強い雄獅子をそれぞれ担っている。

関連記事

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商..

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、...

幻想的アイヌの世界 屋外プロジェクション公開-白老・ウポポイ

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)で9日、報道向けの内覧会が開かれた。夜間プログラムの屋外プロジェクションが初公開され、光輝く映像や音で迫力あるマッピング...

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M D..

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面...

没後50年 新たな日勝像 11日開幕 鹿追

 鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の没後50年回顧展「大地への筆触」が11日、神田日勝記念美術館(町東町3)で開幕する。同時代の作家の画風を吸収しながら独自の表現方法を追求し続けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク