全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

3市町の魅力PR 八重山観光感謝のつどい キャッチコピー「島色、無限大∞」も紹介

八重山の観光コンテンツをスライドで伝える八重山ビジターズビューローの金城徹専務理事(右)=12日、東京、渋谷のセルリアンタワー東急ホテル=12日、東京、渋谷のセルリアンタワー東急ホテル

レセプションで観光客の誘致を呼び掛ける中山義隆石垣市長=12日、東京、渋谷のセルリアンタワー東急ホテル=12日、東京、渋谷のセルリアンタワー東急ホテル

 【東京】八重山ビジターズビューロー(会長・中山義隆石垣市長、YVB)の2019年度八重山観光感謝のつどいが12日午後、都内のホテルで開かれ、観光・航空業関係者らが出席した。八重山観光セミナーでは石垣市、竹富町、与那国町の観光担当者がそれぞれ魅力をスライドや映像を使って発表した。八重山諸島の魅力を表した新キャッチコピーとロゴ「島色、無限大∞」も紹介された。

 石垣島初のプラネタリウムとして今夏誕生した「いしがき島 星ノ海プラネタリウム」や、八重山地域の観光情報を集約した公式サイト、最新の観光客宿泊動向の調査結果なども報告し、八重山地域へのさらなる誘客を呼び掛けた。

 日新航空サービス営業開発室の峠淳係長は「八重山の美しい星空や海の魅力を伝える新しいプランの参考になった」と評価する一方、「離島へのアクセスなどでは工夫が必要」と課題を挙げた。

 スカイツアーズ企画旅行支店商品課の大場杏菜氏は「自然や食だけでなく、地域の祭りや文化などを体験できる商品も考えたい」と意欲を見せた。

 出席者を招待したレセプションでは中山市長が「課題だった宿泊施設も増えて繁忙期での対応力も増した。皆さまの大切なお客さまを自信を持って送り出してほしい」とアピールした。

 YVBの金城徹専務理事は「八重山の新たな魅力を再発見してもらえる機会になった。来年に有力視される世界自然遺産への登録を契機に、さらに観光の質を上げていきたい」と意気込みを語った。   (小笠原大介通信員)

関連記事

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商..

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、...

幻想的アイヌの世界 屋外プロジェクション公開-白老・ウポポイ

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)で9日、報道向けの内覧会が開かれた。夜間プログラムの屋外プロジェクションが初公開され、光輝く映像や音で迫力あるマッピング...

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M D..

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面...

没後50年 新たな日勝像 11日開幕 鹿追

 鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の没後50年回顧展「大地への筆触」が11日、神田日勝記念美術館(町東町3)で開幕する。同時代の作家の画風を吸収しながら独自の表現方法を追求し続けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク