全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ハタハタ「しょっぱい!?」議論白熱

 水産加工販売に向けたサポート研修会が12日、鶴岡市加茂の県水産試験場・おいしい魚加工支援ラボで行われた。県が主催したもので、県漁協女性部の会員ら30人が参加した。

商品を眺め、試食しながら意見が交わされた

 浜の女性による加工品の商品開発、販売力強化に向けたもので、遊佐町吹浦から①ハタハタ佃煮(つくだに)②小鯛(こだい)佃煮、温海から③魚ハンバーグ(ホッケ利用)が新商品候補として出品され、庄内浜文化伝道師の男性4人によって「売れるかどうか」審査された。

 最初からハタハタ佃煮で議論が活発化。味が「しょっぱ過ぎる」と多数意見を占めた味付けから始まって、「佃煮にすると煮崩れして、ハタハタかどうか分からなくなる。形をとどめる商品としては空揚げが良いのでは」(ト一屋・佐藤善友さん)、「白いトレーに置くのは味気ない。今はカラフルなトレーがある。そのあたりから工夫してほしい」(山形丸魚・秋山好輝さん)などアドバイスが送られた。またハタハタは来春まで捕れるが白子、卵(ブリコ)を抱え、脂の乗りが異なる時期があるだけに「安定した供給ができるのか」などの質問もあった。試食した一人が「しょっぱくない。この味で大丈夫だもんだ」と“浜の女性”のプライドを懸けて反論するなど、率直な意見が交わされた。小鯛佃煮と魚ハンバーグは「それなりにおいしい」など、おおむね好感が持たれていた。

 これに先立ち「お客さまが買いたくなる仕組み」と題して尾形恵子さん(県よろず支援拠点チーフコーディネーター)が講演。売れ筋の参考として挙げたのが「薩摩海鮮かつおせんべい」(鹿児島・中原水産)。売れる土産品のポイントとして「常温・持ち運びしやすい・賞味期限が長い・小分けできる」の4点を挙げ、「全てに当てはまる。これもカツオの再利用として無駄がない品物。アイデア次第で商品のトレンドは作り上げられる」と語り、特にパッケージの重要性を挙げていた。この日の研修会で話し合われたことを参考に、再度商品化の研究が進められるという。

関連記事

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商..

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、...

幻想的アイヌの世界 屋外プロジェクション公開-白老・ウポポイ

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)で9日、報道向けの内覧会が開かれた。夜間プログラムの屋外プロジェクションが初公開され、光輝く映像や音で迫力あるマッピング...

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M D..

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面...

没後50年 新たな日勝像 11日開幕 鹿追

 鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の没後50年回顧展「大地への筆触」が11日、神田日勝記念美術館(町東町3)で開幕する。同時代の作家の画風を吸収しながら独自の表現方法を追求し続けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク