全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日勝親子作品が共演 帯広信金のカレンダーとポスター

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、52作目となる2020年用カレンダーに鹿追町の画家、故神田日勝の長女絵里子さん(51)=鹿追町役場勤務=の油彩画「然別湖の初夏」を採用した。同時に半世紀以上前、初めて制作した同カレンダーを飾った日勝の「扇ケ原展望」をポスターで復刻した。日勝はNHK連続テレビ小説「なつぞら」で人気を博した青年画家・山田天陽のモデル。配布は27日からで、親子作品の初の同時配布は注目を集めそうだ。

画風は異なるが、没後50年に合わせ親子共演が実現した2020年の帯信金カレンダー(左)とポスター(右)をPRする高橋理事長(左)ら

 日勝は鹿追町に家族で入植し、「農民画家」として活躍したが、1970(昭和45)年に32歳で病死。十勝を舞台に9月まで放送された「なつぞら」ではヒロインなつの友人天陽のモデルとされ、人気俳優吉沢亮さんが演じ注目を浴びた。

 帯信金は68年から毎年、十勝で活躍する画家の作品をカレンダーにして配布。スタート時、日勝に10年契約で原画を依頼し、2作品を採用、3作目は完成を待たず亡くなった。

 来年は日勝没後50年に当たることなどから油彩画制作に長年取り組む絵里子さんに、来年のカレンダー用原画を依頼。同時にドラマ終盤、病床に倒れた天陽が「信用金庫の来年のカレンダーを頼まれている」と語るシーンが放映されるなど、同カレンダーと日勝の関係が改めてクローズアップされたことなどを受け、「扇ケ原展望」のポスター復刻も進めてきた。

 カレンダーとポスターはいずれも縦72.5センチ、横52.5センチで各4万部製作。絵里子さんの油彩画は、湖の向こうにくちびる山(天望山)が見える、絵はがきなどでもなじみの構図。帯信金所蔵の「扇ケ原展望」は現在、神田日勝記念美術館(鹿追)に預託、展示されている。絵里子さんは「光栄で素直にうれしい。然別湖を多くの人に知ってほしい」と話していた。

 カレンダーのポストカードも2000枚作成。いずれも無料で、本・支店で配布する。初の試みとして送料負担で郵送にも応じる。高橋理事長は「親子で作品採用は初。画風は違えど、素晴らしい作品。なつぞらの余韻が残る中、先輩たちが残した絵の財産を広く発信し、地域に貢献したい」と話した。

関連記事

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商..

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、...

幻想的アイヌの世界 屋外プロジェクション公開-白老・ウポポイ

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)で9日、報道向けの内覧会が開かれた。夜間プログラムの屋外プロジェクションが初公開され、光輝く映像や音で迫力あるマッピング...

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M D..

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面...

没後50年 新たな日勝像 11日開幕 鹿追

 鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の没後50年回顧展「大地への筆触」が11日、神田日勝記念美術館(町東町3)で開幕する。同時代の作家の画風を吸収しながら独自の表現方法を追求し続けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク