全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

盲導犬の役割を学ぶための出前授業

アイマスクをしてヒカと歩く児童(小野小で)

 小野小(河口龍裕校長)で13日、盲導犬の役割を学ぶための出前授業「盲導犬学校キャラバン」があり、3、4年生5人がPR犬に導かれながら体育館を歩き、視覚障害者への配慮も教わった。楠ライオンズクラブ主催。    日本盲導犬協会島根あさひ訓練センター(島根県浜田市)の辻芽衣子さん(22)と、ラブラドルレトリバーのヒカ(雌4歳)が来校。ハーネスを着けた状態の盲導犬は「仕事中」なので、むやみに触らないでと注意したり、訓練方法などを紹介したりした。    歩行体験では、子どもたちはアイマスクを着けた状態で、障害物が置かれた約10㍍区間をヒカと進んだ。盲導犬にはユーザーに曲がり角や段差を知らせ、障害物を避ける役割があること、電子端末を操作しながら歩く「歩きスマホ」の危険性などを学んだ。    金子修也君(4年)は「目隠しした状態で歩くのは不安だった。視覚に障害のある人が困っていたら、手伝えることがないか声掛けしたい」と話していた。    キャラバンは14日に吉部と小羽山、15日に船木と見初の小学校4校でも開かれる。

関連記事

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・..

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに...

女児に付きまとい校区で続発 帯広栄小学校 防犯教室を前倒し

 帯広栄小学校(市西17北1、塩田直之校長、児童393人)の校区内で4月中旬から不審者情報が相次いでいることを受け、同小は予定していた恒例の防犯教室を前倒しし、16日に実施した。帯広署員を講師に招...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク