全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

盲導犬の役割を学ぶための出前授業

アイマスクをしてヒカと歩く児童(小野小で)

 小野小(河口龍裕校長)で13日、盲導犬の役割を学ぶための出前授業「盲導犬学校キャラバン」があり、3、4年生5人がPR犬に導かれながら体育館を歩き、視覚障害者への配慮も教わった。楠ライオンズクラブ主催。    日本盲導犬協会島根あさひ訓練センター(島根県浜田市)の辻芽衣子さん(22)と、ラブラドルレトリバーのヒカ(雌4歳)が来校。ハーネスを着けた状態の盲導犬は「仕事中」なので、むやみに触らないでと注意したり、訓練方法などを紹介したりした。    歩行体験では、子どもたちはアイマスクを着けた状態で、障害物が置かれた約10㍍区間をヒカと進んだ。盲導犬にはユーザーに曲がり角や段差を知らせ、障害物を避ける役割があること、電子端末を操作しながら歩く「歩きスマホ」の危険性などを学んだ。    金子修也君(4年)は「目隠しした状態で歩くのは不安だった。視覚に障害のある人が困っていたら、手伝えることがないか声掛けしたい」と話していた。    キャラバンは14日に吉部と小羽山、15日に船木と見初の小学校4校でも開かれる。

関連記事

豊川の小中学校で人権教室

 今月4~10日の人権週間に合わせて、豊橋人権擁護委員協議会豊川地区委員会(細野文治会長)は豊川市内の小中学校で出張人権教室を開いた。  国府町の市立西部中学校では人権擁護委員11人が来校し「権...

荘内日報社

庄内スマートテロワール 生産されたジャガイモ学校給食に

 鶴岡市を中心に地域で特色ある食料自給圏の形成を目指す「庄内スマート・テロワール(庄内自給圏)」事業で生産されたジャガイモを使った学校給食が今月の限定日、同市内の小中学校37校で実施される。10日は11...

開運おみくじ 1年の始まりに 元日から音更神社で頒布

 音更神社(佐々木敬宮司)は元日から、来年の干支(えと)「子(ね)」にちなんだ手のひらサイズの「開運干支おみくじ」を新たに頒布する。  白色の素焼き陶器をベースに、かわいらしいネズミのイラス...

冬の石垣島、幻想的に 美ら島イルミネーション点灯

 クリスマスを2週間後に控えた11日夕、石垣市役所第2駐車場前で恒例の美ら島イルミネーションが点灯され、約1万球のLEDライトが石垣島の市街地を幻想的に彩った。実施期間は11日から3月末まで。時間...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク