全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

満員の観客、万雷の拍手 うつぐみ芸能交流高知公演

竹富島の芸能を披露する「玻座間民俗芸能保存会」=10日、高知県香美市の「弁天座」

 【高知】竹富島や高知県など4道県合同の郷土芸能大会「うつぐみ文化芸能交流高知公演~郷土芸能でこじゃんとめんそーれ!~」が10日、高知県香南市の「弁天座」で開かれた。太平洋戦争末期、竹富島に駐留した部隊の故・大石喬隊長(高知市出身)と島民の間に生まれた友情を始まりに、今も交流を続ける両地域の孫世代が、芸能を通して絆を強めようと実現した舞台。満員の観客は地域を超えた友情と多彩な芸能に万雷の拍手を送った。

 公演には、香南市の姉妹都市である沖縄県八重瀬町、竹富島で「ねぷた祭り」を開いたことがある青森県弘前市、竹富町の姉妹町・斜里町も加わり、5団体約80人の演者が自慢の郷土芸能を繰り広げた。

 竹富島から参加した玻座間民俗芸能保存会(前新伸二郎会長)の33人は「馬乗しゃ」「しびらおーざ」など、土佐絵金歌舞伎伝承会は「浄瑠璃式三番叟」、弘前市と斜里町は「ねぷた」のはやしを、八重瀬町は島唄を披露した。

 公演後は大宴会を開催。出演者らは輪になり、高知のよさこい鳴子踊りや沖縄民謡を歌い踊った。実行委員長の宮地竹史さん(71)=石垣市在住、香美市出身=は「私たちはあの戦争から平和の尊さを学び、また沖縄の方々への感謝の気持ちを忘れない。戦争で生まれた絆だが、民間が協力してくれたおかげで交流が実現できたことを感謝します」と語った。

 高知県出身者を中心とする大石隊長の部隊は、1944年12月から約1年間駐留。「島民の保護こそ本来の任務」とし、島外に徴用された島民を連れ戻す、マラリアのはびこる地域へ疎開を強制しないなど貢献し、島民に慕われた。

関連記事

長野日報社

ベルビア空き床に「”知”の交流拠点」 ナレッジセンター構想示す 長野県茅野市

長野県のJR茅野駅西口エリアと西口ビル「ベルビア」1階北側の空き床の有効活用策をコンサルタント会社に委託して調査してきた茅野市は1日、多様な知識、アイデアを持つ企業、個人が交流し、新事業を創出...

紀伊民報社

2回目支援で能登へ 梅の郷救助隊

 和歌山県みなべ町の民間災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」(尾﨑剛通隊長)のメンバーや町議会議員が29日、能登半島地震の被災地支援に向けて出発した。能登の被災地での救助隊の活動は2回目。今...

帯広農高生が育てた小豆でどら焼き 同窓会が卒業記念に贈呈

 農業高校ならではの思い出の品を-。1日卒業の帯広農業高校(佐藤裕二校長、生徒567人)の3年生185人に2月29日、同窓会の勝農会(中村健一会長)が記念品として、生徒が生産した小豆を使用した「ど...

荘内日報社

元気に帰ってきてね 西荒瀬小日向川へ サケの稚魚放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(白田克幸校長、児童121人)の全校児童が29日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約6500匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちはその姿が見えなくなるま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク