全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「庄内柿」香港に向け出荷

 酒田市のJAそでうら(五十嵐良弥組合長)が庄内柿を酒田港から香港に輸出することになり、トラック積み込み作業が12日、同市坂野辺新田の同JA選果場で行われた。市産業振興まちづくりセンター(サンロク)の仲介で農産物輸出業者「世界市場」(東京都、小山朝英最高経営責任者)が2回、合わせて約3・5トンを試験的に輸出するもの。航行中の約10日間を使い脱渋する方式で、異なる脱渋・予冷方法を組み合わせ約10種でテストし、結果を見て来年は25トン程度に増やす構想だ。

 サンロクが2017年12月、世界市場と酒田産農産物の輸出に関する意見交換を始め、その後、地元の農協や生産者らと可能性のある作物などについて協議。その中で、JAそでうらが今年8月下旬から9月下旬にかけて5回、試験的にアールスメロン約1500玉(約2・4トン)を陸路で大阪に運び、関西空港から香港に輸出。香港・中国でレストランなど外食を展開する「香港マキシムグループ」がケーキなどの原料に使い、好評だったという。

 今回は、新たな作物の可能性を探る中、豊作になった庄内柿に着目。いずれも香港でスーパーを展開する「イオンストアーズ香港」「一田(YATA)」に、酒田―韓国・釜山間の国際定期コンテナ航路を使い、輸出することになった。

 輸出するのは庄内柿の主力品種「平核無(ひらたねなし)」465箱(1箱7・5キロ)。今月11日、17日の2回に分けて酒田港を出港する。それぞれ保冷機能が付いた20フィートのリーファーコンテナで、庫内温度を0度に保ったまま輸送する。

 輸送中の脱渋方式は大きく分けて、固形アルコールを使うものと、脱酸素剤を使うものの2種。脱渋開始時期の違いや、脱渋を終えたものや、生のものを運んで香港で脱渋する方式を含め、計10種程度を試す。

 12日のトラック積み込みは、17日出港分で、関係者が見守る中、コンテナを載せたトラックに柿の箱が積み込まれた。同JA営農販売部の庄子知之園特販売係チーフは「販路拡大や、生産者の高齢化が進む中で労力削減につながれば」と期待を語った。同JAの柿の生産量は年200トン前後で、柿の輸出は初という。

 世界市場の小山氏は「香港で柿は人気があるが、スペインや中国産が主流。日本産も和歌山県産などが少し出回っているが、廃棄率が高く、高値になるので、買うのは富裕層が中心。価格を日本国内の1・5―2倍程度に抑えられれば、中間層も買えるので、うまくいけば大きな商品になる。当地ではほかに洋ナシも可能性がある」と語った。

香港への輸出に向けて行われた庄内柿の積み込み作業=12日午後、酒田市坂野辺新田のJAそでうら選果場

香港に輸出される庄内柿

関連記事

軽石、西表東部に漂着 仲間川でも少量浮遊確認

 【西表】仲間崎や古見の浦など東部地域の海岸線の波打ち際で29日、漂着と思われる軽石の帯が確認された。大原の旧桟橋には細かな軽石がわずかに吹きだまり、IDP(西表島ドローンプロジェクト)の横目英...

北羽新報社

世界遺産「白神山地」 入山の規制緩和求め要望書

 東北地方で自然保護活動に取り組む市民団体「白神逍遥(しょうよう)の会」などは29日、世界自然遺産・白神山地の核心地域(本県側)の入山規制の見直しを求める提案書を林野庁東北森林管理局(秋田市)と県...

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク