全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「庄内柿」香港に向け出荷

 酒田市のJAそでうら(五十嵐良弥組合長)が庄内柿を酒田港から香港に輸出することになり、トラック積み込み作業が12日、同市坂野辺新田の同JA選果場で行われた。市産業振興まちづくりセンター(サンロク)の仲介で農産物輸出業者「世界市場」(東京都、小山朝英最高経営責任者)が2回、合わせて約3・5トンを試験的に輸出するもの。航行中の約10日間を使い脱渋する方式で、異なる脱渋・予冷方法を組み合わせ約10種でテストし、結果を見て来年は25トン程度に増やす構想だ。

 サンロクが2017年12月、世界市場と酒田産農産物の輸出に関する意見交換を始め、その後、地元の農協や生産者らと可能性のある作物などについて協議。その中で、JAそでうらが今年8月下旬から9月下旬にかけて5回、試験的にアールスメロン約1500玉(約2・4トン)を陸路で大阪に運び、関西空港から香港に輸出。香港・中国でレストランなど外食を展開する「香港マキシムグループ」がケーキなどの原料に使い、好評だったという。

 今回は、新たな作物の可能性を探る中、豊作になった庄内柿に着目。いずれも香港でスーパーを展開する「イオンストアーズ香港」「一田(YATA)」に、酒田―韓国・釜山間の国際定期コンテナ航路を使い、輸出することになった。

 輸出するのは庄内柿の主力品種「平核無(ひらたねなし)」465箱(1箱7・5キロ)。今月11日、17日の2回に分けて酒田港を出港する。それぞれ保冷機能が付いた20フィートのリーファーコンテナで、庫内温度を0度に保ったまま輸送する。

 輸送中の脱渋方式は大きく分けて、固形アルコールを使うものと、脱酸素剤を使うものの2種。脱渋開始時期の違いや、脱渋を終えたものや、生のものを運んで香港で脱渋する方式を含め、計10種程度を試す。

 12日のトラック積み込みは、17日出港分で、関係者が見守る中、コンテナを載せたトラックに柿の箱が積み込まれた。同JA営農販売部の庄子知之園特販売係チーフは「販路拡大や、生産者の高齢化が進む中で労力削減につながれば」と期待を語った。同JAの柿の生産量は年200トン前後で、柿の輸出は初という。

 世界市場の小山氏は「香港で柿は人気があるが、スペインや中国産が主流。日本産も和歌山県産などが少し出回っているが、廃棄率が高く、高値になるので、買うのは富裕層が中心。価格を日本国内の1・5―2倍程度に抑えられれば、中間層も買えるので、うまくいけば大きな商品になる。当地ではほかに洋ナシも可能性がある」と語った。

香港への輸出に向けて行われた庄内柿の積み込み作業=12日午後、酒田市坂野辺新田のJAそでうら選果場

香港に輸出される庄内柿

関連記事

カンムリワシ号を運航 JTAが八重山球児の活躍祈念 県高校野球

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、4日開幕の「2020沖縄県高等学校野球夏季大会」に出場する八重山3高校の球児と監督、保護者らを乗せたチャーター便「カンムリワシ号」を3日午前、運航させ...

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

荘内日報社

鶴岡慶應先端研 高齢者対象に楽しく学ぶ勉強会

 高齢者を対象に、オンライン会議システムの立ち上げを体験的に学ぶ勉強会「やてみねが(やってみないか)オンライン」が3日、鶴岡市馬場町の慶應義塾大先端生命科学研究所センター棟で行われ、同大の社会人大学...

紀伊民報社

わくわくするまちに 白浜でオンライン会議

 和歌山県白浜町の明るい未来を語り合うオンライン会議「第1回南紀白浜ビジョンミーティング」が2日にあり、町内外から150人が参加した。それぞれの未来像を共有し、協力して実現する仕組みづくりが目的...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク