全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ブラインドサッカー 十勝初チーム誕生

 十勝管内の医療・福祉関係者がブラインドサッカーチーム「とかちflow(フロー)」を立ち上げた。道内では2例目で、2020年に日本ブラインドサッカー協会主催の北日本リーグへの参入を目指す。視覚障害の有無にかかわらず、子どもから大人まで幅広くメンバーを受け入れ、地域の交流の場にしていく方針だ。

帯広北高の人工芝グラウンド完成を記念し行われたブラインドサッカー体験会(10月)

 来年の東京パラリンピックでも行われるブラインドサッカーは、1チーム5人で、転がると音が出る特別なボールを使う。選手は目隠しをして出場し、キーパーは視覚障害がない人または弱視者が務める。ボールの位置やシュートのタイミングは、目の見える人(ガイド)が声掛けする。障害の有無にかかわらず楽しめるパラスポーツだ。

 とかちflowではサッカー経験者をはじめ、医師や看護師、理学療法士らの医療関係者が携わり、選手の体調面もサポート。帯広市内の介護施設でケアマネジャーとして働く阿部美保子代表(帯広)が日本ブラインドサッカー協会の公認コーチの資格を7月に取得し、運営や指導法について学んでいる。

 対象は視覚障害がある子どもたちのほか、さまざまな理由で学校に行けなくなったりした子どもなど幅広く受け入れる。代表の阿部さんは「練習を通して折れない心を育て、また医療関係者や保護者らが集い、話せる場所をつくりたいとの思いがある」と話す。

24日に体験会
 道内初のブラインドサッカーチーム「ナマーラ北海道」も協力し、選手を招いて24日には帯広北高校(帯広市稲田町基線8)で体験会が開かれる。午前10時~正午。問い合わせは阿部さん(080・9000・1303、Eメールflowtm20195@gmail.com)へ。

<ブラインドサッカー>
 障害の程度により、ゴールキーパー以外は全盲の選手がプレーする「ブラインドサッカー」と、主に弱視の選手による「ロービジョンフットサル」の二つのカテゴリーがある。北日本リーグには、中学生以上の5選手以上の登録が必要。

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク