全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

JR日高線、鵡川―様似間廃止へ 沿線7町が会合、多数決でバス転換を容認

JR鵡川駅に停車する日高線の車両。様似方向は今後、バス転換を前提に日高7町がJR北と個別協議に入る

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)をめぐり、日高管内の7町は12日、新ひだか町で会合を開き、バス転換に向けてJR北と個別協議に入ることを決めた。これまで議論してきた3案を1案に絞り、2020年3月をめどに7町がJR北海道と合意後、同線区は廃止される見通しとなった。

 会合には日高町、平取町、新冠町、新ひだか町、浦河町、様似町、えりも町の首長とJR北の綿貫泰之常務らが出席。非公開で約2時間行われた。

 出席者などによると、同線区の方向性について7町で議論を行い、鉄路の全線復旧を訴える浦河町に対し、このほかの6町はバス転換を主張した。意見が平行線をたどったため、日高町村会の会長を務める様似町長を除く6町で多数決を行い、バス転換5町、鉄路の復旧1町という結果になった。

 会合後の記者会見で、日高町村会の坂下一幸会長(様似町長)は「多数決の結果が鉄路の廃止を容認するものではない。各町がJRと個別協議を正式に行い、それぞれの町が条件に合わないこともある」と強調。これまで多数決はなじまないとしていたが、「なるべく全員が同じ方向を向いてゴールに向かう努力をしてきたが、まとまらず多数決を取った」と理由を述べた。

 鉄路存続を訴える浦河町の池田拓町長は「非常に残念な決定。今後の日高管内の交通体系を考える一里塚ととらえ、JR北から話を聞きたい。今まで一貫して災害復旧を訴えてきたが、そのスタンスは今も変わらない」と話した。

 同線区は15年1月の高波被害以降、4年10カ月にわたり不通状態で現在は代行バスが運行している。7町の協議は当初、全町が全線復旧に賛同していたが、16年8月の台風で被害が拡大。JR北は鉄路を存続する場合、地元負担が必要としていた。

 7町はこの方針に反発。代替策として、鉄路と陸路を走行するデュアル・モード・ビークル(DMV)やバス高速輸送システム(BRT)などを検討したが、多額の費用がかかるため断念した。その後、▽全線復旧▽鵡川―日高門別間を復旧し、残る区間をバス転換▽全線バス転換―の3案で協議を進めたが、7町で一致できず議論が続いていた。

 7町の方向性について、JR北の綿貫常務は「各町で苦渋の決断をしていただいた。重く受け止めている」とし、「最終合意となるよう、バス停や運行ダイヤ、まちづくりなど各町の要望を聞き、真摯(しんし)に対応したい」と話した。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク