全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

小中学生に救命の知識を 伊那中央病院が体験学習

心臓マッサージとAEDの使用方法を学ぶ富県小の児童

 伊那市の伊那中央病院メディカルシミュレーションセンター(iMSC)は、小中学生が救命処置を学ぶ体験学習「学校PUSHコース」の実施を上伊那地方の小中学校で始めた。同市富県小学校で12日、初めて開催。iMSCの医師らが胸骨圧迫やAED(自動体外式除細動器)のやり方を指導し、命の重みと救命処置の重要性を伝えた。

 iMSCは学校での心臓突然死ゼロを目指し、同体験学習を今年度から始めた。同体験学習が中南信地域で実施されるのは初。▽胸骨圧迫▽AED▽急病者が発生した際に声を上げる勇気―の三つについて、重要性や使用方法を短時間で効率よく指導する。

 富県小では5~6年生30人が参加した。通報やAEDの手配、急病者の意識や呼吸の確認の手順を教わり、実際に体験。急病者が描かれたシートの肩部分をたたき、大きな声で「大丈夫ですか」と呼び掛け、胸や腹の動きから呼吸が正常かどうかを判断した。

 胸骨圧迫実習ではiMSCの看護師から「強く、早く、絶え間なく行うことが大事」と教わり、2人一組で心臓マッサージに挑戦。「いっせーのーでっ」「いちっ、にのさんっ」と声を合わせ交代し、交互にマッサージを続けた。

 iMSCでは今後、希望する学校で体験学習を行う。高砂敬一郎副センター長は「講習を通じて命の大切さを学んでほしい。声を上げる勇気、一歩踏み出す勇気につながれば」と期待した。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク