全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

道東の魅力伝えたい 社団法人「ドット道東」設立

 道東を中心に活動するクリエーターが集まる一般社団法人「ドット道東」が、道東の魅力的な暮らしぶりや取り組みを紹介するガイドブックの制作に取り組んでいる。資金はクラウドファンディング(CF)で募っており、既に目標を大幅に超える190万円以上が集まっている。代表理事の中西拓郎さん(31)=北見市=は「地域の課題解決の一助にクリエーターの力を使っていただきたい」と話している。

「ドット道東」のメンバー。左端は中西さん(「ドット道東」提供)

 同法人は、中西さんのほか理事4人で5月に設立。道東は、昼の観光だけを観光地単体で楽しむ通過型観光と評されることが多いとされる。昨年から道東で企画してきたイベントで集まる機会が多かった5人が、この状況に危機感を抱き、集まった。十勝からも野澤一盛さん(30)=帯広市=、神宮司亜沙美さん(34)=大樹町=が加わった。

 法人名には個々の人や活動などの点(ドット)が集まり、道東という面づくりを目指す思いを込めた。

 現在制作中のガイドブック「.doto」は、メンバー5人が日頃の活動で得た道東の魅力的な取り組みなどを紹介。定価1200円でB4判100ページ程度を想定している。

 CFサイト「CAMPFIRE」では、3000円の支援でガイドブックを進呈するほか、メンバーが道東の自治体に出向きイベントを支援したり、1カ月間限定で移住してまちをPRしたりする支援者特典を用意した。目標額の100万円は約1週間で突破。現在は200人以上から約195万円(11日現在)の支援が集まっている。CFは今月末まで。

 十勝からのメンバーの1人、野澤さんは「自分自身も京都からの移住者。道東に来た知り合いが出て行くのを見るのがつらかった。住む人が魅力を感じ、住み続けてもらうためにも、隣のまちにいる人とつながってまちの魅力を再発見してもらいたい」と話す。

 代表理事の中西さんは「通常のCFでは少ないとされる知り合い以外の支援者からも多く、驚きと同時に期待を感じている。総合振興局や市町村などのくくりに収まりきらない『道東』の魅力を伝えるお手伝いをしたい」と語っている。

関連記事

100年前に思いはせる 賢治ウオークに20人 苫小牧

詩人、童話作家宮沢賢治の来苫から21日で丸100年を迎えるのを前に18日、賢治が苫小牧で歩いた道をたどる「百年目の賢治ウオーク」が行われた。市民ら20人が参加。初夏の日差しが降り注ぐ中、当時の情景...

難失聴でもガイド楽しみたい おびひろ動物園でアプリや筆談体験会

 聞こえない人や聞こえにくい人でも、施設ガイドの説明を楽しみたい-。帯広市中途難失聴者協会(佐々木亜規子会長)は、音声をリアルタイムで文字化するアプリ「UDトーク」や筆談でガイドを楽しむ体験会を1...

荘内日報社

歴史と文化つなぐ26万6000点一括管理 酒田市文化資料館 光丘文庫オープン 「日..

 酒田市総合文化センターの旧中央図書館を活用して市が整備した市文化資料館光丘文庫(館長・金野洋和市文化政策調整監兼文化政策課長)が18日、オープンした。市立資料館、市立光丘文庫に加え、公文書館や埋蔵...

宇部日報社

小学校運動会、青空の下で全力疾走 見初小は地域と合同【宇部】

 宇部市内小学校のトップを切って18日、見初、神原、原、黒石の4校で運動会が行われた。雲一つなく初夏の日差しが照り付ける中、子どもたちは保護者や地域住民の前で練習の成果を披露した。  地域と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク