全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

「恋文のまち」で朗読イベント

夫や学生、会社員などに成り切って恋文を朗読した辰巳琢郎さん

感情を込めた表現で聴衆を魅了した木の実ナナさん

 旧二ツ井町が開催した「きみまち恋文全国コンテスト」の入賞作品を俳優の朗読とピアノ演奏でつづる「シリーズ恋文Vol.10」公演は10日、能代市二ツ井公民館講堂で開かれた。俳優の辰巳琢郎さんと木の実ナナさんが情緒豊かに20編を朗読し、会場に足を運んだ約280人の来場者は1通1通の「恋文」に込められた思いに聴き入った。
 「シリーズ恋文」公演は、平成6~15年までに開催した「恋文コンテスト」に寄せられた恋文を基にした舞台。可児(かに)市文化芸術振興財団(岐阜県)のオリジナル企画として22年から制作・上演しており、今回で10回目を迎えた。能代市二ツ井町での「里帰り公演」は今年で5年目。
 ステージは、辰巳さんと木の実さんが「1通1役」で、10代から80代までの手紙の書き手を演じながら、情感たっぷりに恋文を朗読した。
 長年連れ添う妻から夫へ、夫から妻へ、恋人へ、見合い相手へ、昔大好きだった人へと、手紙が紡ぐさまざまなストーリーが展開。ピアニストの黒木由香さんが奏でるメロディーも手紙の情景を引き立て、会場を埋めた聴衆を魅了した。
 朗読後は、出演者2人とシリーズ恋文を企画した可児市文化創造センター館長の衛紀生さん、演出と構成を務めた劇団「ラッパ屋」主宰の鈴木聡さんによるトークショーが行われた。
 公演の開催は今年で可児市で10年目、二ツ井町で5年目の節目を迎えたことを受け、辰巳さんと鈴木さんは「もう一度、新しい恋文コンテストを始めてみては」と提案したほか、本県やきみまち阪にまつわるトークでも盛り上がった。
 また、鈴木さんの朗読で第1回大賞を受賞した柳原タケさん(故人)の「天国のあなたへ」も披露された。
 夫婦で来場した町内の60代女性は「手紙が持つ温かさやパワーを感じた。『天国のあなたへ』は、いつ聴いてもぐっと心にくるものがある」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

2回目支援で能登へ 梅の郷救助隊

 和歌山県みなべ町の民間災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」(尾﨑剛通隊長)のメンバーや町議会議員が29日、能登半島地震の被災地支援に向けて出発した。能登の被災地での救助隊の活動は2回目。今...

帯広農高生が育てた小豆でどら焼き 同窓会が卒業記念に贈呈

 農業高校ならではの思い出の品を-。1日卒業の帯広農業高校(佐藤裕二校長、生徒567人)の3年生185人に2月29日、同窓会の勝農会(中村健一会長)が記念品として、生徒が生産した小豆を使用した「ど...

荘内日報社

元気に帰ってきてね 西荒瀬小日向川へ サケの稚魚放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(白田克幸校長、児童121人)の全校児童が29日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約6500匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちはその姿が見えなくなるま...

宇部日報社

市内高校で卒業式、宇部中央で129人が巣立つ 最初で最後の校歌斉唱【宇部】

 宇部市と山陽小野田市の公・私立高校11校で1日、卒業式が行われた。会場には恩師や保護者からの「おめでとう」があふれ、生徒たちは希望を胸に晴れやかな表情で学びやを巣立った。  宇部中央(河村...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク