全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「骨の健康に効果」 ミカンの機能性アピール

「機能性表示食品」が明記された温州ミカンを入れる袋

 和歌山県紀南地方特産の温州ミカンに「骨の健康を保つ効果がある」として、JA紀南は今季から、販売する際の袋や箱に「機能性表示食品」を明記し、アピールしている。JAは「おいしいのはもちろん、体にもいい」と強調している。

 JAみっかび(浜松市)の温州ミカンが2015年、生鮮食品では初めて消費者庁から「機能性表示食品」の表示が認められたのを受け、全国で生鮮食品の機能性表示が増えている。農林水産省のホームページによると10月9日現在、野菜・果実では40件あり、そのうち12件が温州ミカン。県内ではJAありだの「有田みかん」の後、JA紀南のミカンが認められた。JAながみねや個人農家も続いている。
 JA紀南では温州ミカンの成分を独自に分析調査した上で、昨年夏に「紀南みかん」の名称で消費者庁に届け出て、秋に認められた。  内容は「温州ミカンに含まれる成分『β―クリプトキサンチン』には骨代謝の働きを助けることにより、骨の健康維持に役立つ効果が報告されている」。糖度が高いとその成分が高くなることから、糖度を明確にすることが重要だという。
 JA紀南では、糖度が一定の高さに達したものを「天」ブランドで販売しており、今季も10月から始まった。その温州ミカンに「機能性表示食品」を明記している。袋なら前面にβ―クリプトキサンチンが含まれていることを、後面には「1日当たり3個を目安に摂取」など詳細を示している。
 JA紀南のミカンは主に首都圏や中京、京阪神に出荷しているが、機能性表示のミカンの出荷は要望があった広島県内の量販店だけ。まだ消費者に浸透しておらず、小売店や流通関連業者にも積極的にPRや販売をしてもらう必要があり、今後、理解を呼び掛け、広げていきたいという。紀南の小売店では販売されている。
 JA紀南管内でミカンは、梅に次ぐ主力の農作物。極早生品種が9月下旬から、早生品種が11月から収穫が本格化し、12月からは販売に力を入れる「木熟みかん」が始まる。販売部は「紀南のミカンはおいしいと評価が高い。機能性表示によってさらに評価が高まると思う」と話す。機能性の面では、ほかにも研究が続けられており、実証されることを期待している。

関連記事

紀伊民報社

扇ケ浜に海の家2店オープン 関大生と南紀みらいが運営

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場に個性の違う「海の家」2店がオープンした。運営する南紀みらいは「海水浴だけではないビーチの魅力を満喫できる空間。いろいろな人に遊びに来てほしい」と呼びかけている。 ...

白熱したレース展開 5年ぶり鵡川で 「人間流送競技」 穂別流送まつり むかわ

第41回むかわ町穂別流送まつり(同まつり実行委員会主催)が20、21両日、穂別ふれあい公園で開かれた。会場は大勢の人でにぎわい、ジンギスカンやフライドポテトなどの出店を楽しげに巡る光景が広がった。...

荘内日報社

お待たせ!!朝採りだだちゃ豆 JA鶴岡中央支所 大泉直売所オープン

 鶴岡市白山のJA鶴岡中央支所駐車場の特設テントで22日、「大泉だだちゃ豆直売所」がオープンした。待ちかねたファンが早速訪れ、朝採りの鮮度抜群の枝豆を買い求めていた。  直売所は生産者の女性たちに...

ヒップホップ、ジュエリーで発信 芽室出身アーティスト橋本さん

 芽室町出身のヒップホップアーティスト、橋本悠汰さん(25)が、ジュエリー会社「EmpireHollywood(エンパイアハリウッド)」を開業した。町内のアパレルショップ「doek(ズック)」(東...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク