全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

カヌーやカーリング農業体験… 台湾の教育旅行視察団、北海道の魅力満喫

カヌーを楽しむ一行=10月30日支笏湖畔の千歳川(提供)

 台湾教育旅行視察団(李重毅団長)の一行6人がこのほど来道した。千歳をはじめ深川、名寄、札幌各市を巡り、カヌー体験や授業見学、農業体験やカーリング体験など本道の魅力を満喫した。

 日本政府観光局(JNTO)が台湾の高校の校長や文部省担当者ら80人を招致。北海道から沖縄まで国内13地区を視察した。道内では、北海道訪日教育旅行促進協議会が10月29日から11月2日まで一行を受け入れた。

 台湾では教育旅行(修学旅行)の行き先として日本の人気が高く、教育旅行を実施する学校の9割が訪れているという。教育旅行は、国際交流や外国語学習など教育的メリット、経済効果や将来のリピーター層の獲得が期待できる点から行政や観光業界が注目している。

 北海道を訪れた一行は10月30日に千歳市の支笏湖でカヌー体験、千歳高校では美術や書道の授業などを見学した。この後、深川の農家でファームスティを体験。31日は深川で農業体験やリンゴ狩りを楽しんだ。11月1日は名寄でカーリングなどを行った。札幌では北海道訪日教育旅行促進協議会と意見交換会を催し、2日に帰国した。

 意見交換会に出席した同協議会メンバーの道運輸局の担当者は「視察には実績のある施設をピックアップした。カヌーとカーリングが好評だった」と振り返り、来年度以降の旅行実現に向けて前向きな感触を得た。台湾の教育旅行シーズンは4~5月と11~12月とそれぞれピークがあるため、「春はカヌー、冬はスキーとカーリングをアピールしたい」と期待を込める。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク