全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

沖縄県高校総合文化祭 八重山3高校優秀校に 八重農と八重高、全国大会へ

 【沖縄】第43回沖縄県高等学校総合文化祭・第30回沖縄県高等学校郷土芸能大会(県高等学校文化連盟主催)が9日午後、沖縄市民会館大ホールであり、八重山3高校が優秀校に選ばれた。このうち八重農と八重高は来年8月3日から3日間、高知県で開かれる全国高文祭に県代表として派遣される。八重山勢の全国大会派遣は1991年から30年連続。八重農は2年連続14回目、八重高は2年ぶり20回目(3高校合同も含む)。

 大会には県内11校(合同含む)が出場し、各地の伝統芸能や民俗舞踊10演目を繰り広げた。

 八商工(桃原咲羽部長、部員20人)は海人と妻たちの心意気を威勢よく踊り、航海安全と豊漁を祈る「八重山の海人かりゆし」、八重農(新城愛結部長、部員29人)は稲の発芽や稲が伝わった時代の稲作、脱穀・精米の様子、豊作の喜びを表現する「米(まい)ぬ為(な)し」、八重高(稲嶺優海部長、部員37人)はタイラクやコームッサーなど黒島保里村の民俗芸能を紹介する「今日(きゅう)が日(ぴ)ば 黄金日(くがにぴ)ば」で歌三線と舞踊を堂々と披露。審査中は3高校のアトラクションもあり、多彩な演目で会場を盛り上げた。

 八重農の新城部長(3年)は「重圧もあると思うが、自信を持って合言葉の『結』と周りへの感謝を忘れず、助け合いながら頑張ってほしい」、八重高の稲嶺部長(同)は「全国をずっと目標にしていたので本当にうれしい。後輩たちには国立劇場の切符を取り、八重山芸能を知らしめてほしい」とそれぞれ後輩にエール。八商工の桃原部長(2年)は「悔しかったが、今持っている力を出し切り、楽しめた。来年の全国出場権獲得を目指して練習を頑張っていきたい」と来年を見据えた。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク