全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

チューリップ園復活へ

 かつて庄内の春の風物詩として親しまれた「いこいの村庄内のチューリップ園」の来春の復活に向けた作業が進んでいる。チューリップ園の管理組織の立ち上げや、開花時期に合わせて長年実施されてきたイベントの開催も計画中という。9日、鶴岡市千安京田の現地で、跡地利用を検討する関係者らにより球根約2万2500球の定植作業が行われた。

 同チューリップ園は、最盛期で70アールの広さに50種計10万球が植えられ、開花時期には数万人でにぎわう観光資源だったが、2016年の施設閉館に伴い放置されていた。翌17年からは、敷地所有者の県の許可を得た地元の有志やNPO法人などによる球根の掘り起こしや手入れといった保全活動が取り組まれていた。

 このたびのチューリップ園の再生活動は、鶴岡市が旧いこいの村庄内の施設を活用して進める「市立農業経営者育成学校」の来春の開校に伴う施設跡地環境整備の一環。球根保全に関わったNPO法人おうらの里おおやま再生プロジェクトチューリップ球援隊を実施主体に、市の助成金で購入した2万2500球と、かつていこいの村庄内に植えられていた約5000球を定植する。来年春の時点で、最盛期の面積の2分の1ほどを復活させる計画。

 この日の定植活動は、小雨の中行われ、施設周辺の自治会や森林組合、旅館など観光業関連をはじめ、農業経営者育成学校の関係者、同市など11組織でつくる「旧いこいの村庄内跡地利用の検討に係る意見交換会」のメンバーなど合わせて約80人が参加。球根植え付けの間隔など、かつてのチューリップ園の再現を目指して行われた。

 この日ボランティアで参加した同市双葉町の会社員、阿部由美さん(50)は、かつてのチューリップ祭りにクラフト出店で関わってきた。「作業してみて、チューリップ園整備の苦労を実感。家族が絆を深めるような場所になれば。来春のチューリップ祭りにも準備から関わっていきたい」と話した。

チューリップ球根を一つ一つ丁寧に土に埋めていった=9日

関連記事

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・..

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに...

女児に付きまとい校区で続発 帯広栄小学校 防犯教室を前倒し

 帯広栄小学校(市西17北1、塩田直之校長、児童393人)の校区内で4月中旬から不審者情報が相次いでいることを受け、同小は予定していた恒例の防犯教室を前倒しし、16日に実施した。帯広署員を講師に招...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク