全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「丸麺そば」カタログ販売へ 全国の郵便局から注文可能

郵便局のカタログ販売商品、金城製麺所の八重山そばをPRする関係者ら=8日午前、白保郵便局

 日本郵政㈱沖縄支社(比嘉明男支社長)は八重山特産品の需要拡大に向け、今月1日から金城製麺所(金城早志代表取締役社長、美崎町)の八重山そばをカタログ販売で取り扱いを開始した。郵便局が持つ全国ネットワークを活用し全国の郵便局から注文が可能になった。同社の主力商品「丸麺そば」の消費拡大を機に地域活性化につなげる考え。冬の特産品として申込期間は来年3月末までを予定。

 発売セレモニーが8日午前、特設ブースを設置する白保郵便局(川島靖史局長)で行われた。

 参列者が記念のくす玉を割り商品をPR。先島連絡会の与那覇寛信統括局長は「地元企業とのつながりを大切にして発展に寄与したい。カタログ販売は新鮮、安心、安いを売りに地元住民をはじめ観光客のお土産として利用いただきたい」と八重山そばのセット商品を宣伝。

 同社営業担当の金城秀信さんは「丸麺は平麺に比べこしがあり喉越しも良い。八重山そばは沖縄そばに比べ知名度が低いので、島外にアピールできれば」と期待した。

 商品は、4人前八重山そばセット(2900円)~8人前八重山そば三枚肉セット(6100円)まで5種類を用意。いずれも新鮮直送。

 年越しそば用は来月16日ごろまでの申し込みであれば年内配達が可能という。

関連記事

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

荘内日報社

ベテラン棟梁から熟練の手ほどき

 わが国に古くから伝わる建築工法「伝統木構法」を学ぶ「日本の伝統的大工塾」(塾長・川上清太郎田川建設労働組合執行委員長)が5日、鶴岡市で開塾した。庄内地方の大工を中心に建築に関わる18―50歳の男女11人...

紀伊民報社

檜扇を蔵出し 熊野速玉大社 扇立祭

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社(上野顯宮司)は6日、14日の「扇立祭(おうぎたてまつり)」に向け、神前に立てる「檜扇(ひおうぎ)」の蔵出しをし、みこが丁寧にほこりを払った。今年の扇立祭...

釧路新聞社

ジャズ喫茶 幸町に開店【釧路】

   釧路ジャズクラブ代表で今春に釧路市役所を定年退職した神村恭一さん(60)がジャズ喫茶「Cat」を釧路市幸町6の1、幸町ビル2階にオープンした。店内には釧路のジャズ喫茶を代表する存在だった小林...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク