全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

『滑るの楽しい』 スケートエンジョイスクール【苫小牧】

スケーティングを教わり笑顔で滑る園児たち

 2019スケートエンジョイスクールは5日、苫小牧市若草町の白鳥王子アイスアリーナで始まった。市内の園児らが参加。笑顔を見せながら氷に慣れ親しみ、スケートの面白さに触れた。

 苫小牧市と苫小牧アイスホッケー連盟、市体育協会が主催し、苫小牧民報社などが後援の氷上スポーツ育成事業。競技人口の底辺拡大と子どもの体力向上が目的だ。同連盟や市スポーツリーダーバンクの指導者が講師を務めた。

 園児対象のスケート、アイスホッケーの各コース、小学1~3年生によるアイスホッケースクール合わせて約300人が受講する。来年3月までのおよそ5カ月間、スケートやホッケーの基礎を積んでもらう。5日は幼稚園アイスホッケーコース、6日は幼稚園スケート、小学生アイスホッケーコースがそれぞれスタートした。

 このうち幼稚園スケートコースは参加者が2組に分かれ、パイロンなどの補助器具を使って氷の上に立つ練習やけがをしにくい転び方を練習した。中には独りで自由に滑る園児もいて、氷の上でのジャンプなど難しい技に積極的にチャレンジする姿も見られた。

 初回の講習を終えた、かおり幼稚園年中組の伊藤圭汰君(5)は「今年初めて滑ったけど楽しかった。転んじゃったので、これからは上手に滑られるように頑張りたい」と笑顔だった。

 幼稚園アイスホッケーコースは火曜日、幼稚園スケート、小学生アイスホッケーコースは水曜日に行う。延べ18回。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク