全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫小牧市、3年連続で"聖地"に 人気漫画「僕だけがいない街」に風景登場

 アニメツーリズム協会(東京)の「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」に、苫小牧市出身の漫画家三部けいさんの人気作品「僕だけがいない街」と苫小牧市が3年連続で選出された。同作品には苫小牧市の風景が描かれており、市も観光振興に活用。その取り組みが評価され、同協会の役員が5日、市に認定プレートを贈呈した。人気漫画とのコラボによる観光誘客効果に、地元関係者も期待を寄せている。

 同作品は月刊漫画雑誌で2012年7月から約4年半連載されたサスペンス。作中には市科学センターや苫小牧美園小、商店街など苫小牧の風景が登場。映画やテレビアニメ、ドラマ化もされ、描かれた場所を訪れるファンも多い。

 同協会のアニメ聖地選定は17年から行っており、各候補地が官民連携で周遊ルートを整備し、インバウンド(訪日外国人旅行者)拡大や地域活性化などの効果を上げている。聖地選定は、国内外のファン投票と関係機関の協議で決定しており、今年は6月1日から約4カ月で約8万票が集まった。

 今月5日に市役所を訪れた同協会の役員が岩倉博文市長に認定プレートを贈呈。鈴木則道専務は「繰り返し訪れることで土地の魅力や文化を知ってもらえる」と聖地の魅力を強調。作品と地域や企業のつながり、魅力発信効果も挙げて「苫小牧を訪れた人たちがよい経験をできるよう提案もしたい」と語った。

 苫小牧では観光協会が18年から同作品にちなんだスタンプラリーを実施。今年は4日時点で115人が参加し、年間で昨年度とほぼ同数の300人程度を見込む。担当者が認定プレート贈呈の話題をSNS(インターネット交流サイト)に投稿すると、ファンから反響があったといい、苫小牧観光案内所に展示して呼び水の一つにする考えだ。

 胆振総合振興局によると、市内を訪れる観光入込客数は18年度が約199万人。年々増加しており、観光振興ビジョンで22年度までに260万人の目標を掲げる市も「アニメなどサブカルチャー的な部分も魅力の一つになるのでは」としている。

関連記事

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

宇部日報社

全国学校給食週間、小学校で昭和30年代のメニュー

 宇部市内の全公立小・中学校36校は、食べ物の大切さや、給食が多くの人に支えられていることを考えてもらう機会にしようと、24日から28日までの全国学校給食週間に合わせて特別メニューなどを展開して...

みずみずしい純白の花  珍種シロバナヒカンザクラ咲く 奄美市

 鹿児島県奄美市名瀬大熊の県道81号沿いで珍種のシロバナヒカンザクラが開花し、みずみずしい純白の花が通行人の目を和ませている。  満開を迎えているのは県道沿い3カ所の合計5本。辺りでは濃いピン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク