全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

更別村がプラチナシティ認定 熱中小・郵便風景印の取り組み

十勝さらべつ熱中小学校が考案した風景印。スマート農業を表現した

 熱中小学校を開設する更別村などの全国5自治体と一般社団法人熱中学園が、「第7回プラチナ大賞」の最高賞に次ぐ優秀賞に輝いた。同賞を受賞した自治体は「プラチナシティ」として認定され、更別村は後志管内ニセコ町に次いで道内2例目の認定となる。

 今年度は全国の自治体や企業50件から応募があり、13件が1次審査を通過。5日に都内で最終審査発表会が開かれ、各団体の代表者がプレゼンした。

 更別村などが発表したのは「郵便の風景印をバージョンアップして地域をつなぐ」取り組み。全国の学校横断の取り組みとして、鳥取県琴浦町を皮切りに各地の熱中小と郵便局、自治体が連携して地域の郵便局の「風景印」を考案した。琴浦の生徒が考えた図案は10月から同町以西郵便局で使用が始まっている。

 スマート農業を推進する更別では、トラクターを中央に配し、ドローンが飛んでいる様子を表現。全国初の試みとして、村の情報にアクセスできるQRコードを取り入れた図案を提案した。更別郵便局での採用を目指し、日本郵便に働き掛けている。

 西山猛村長は「プラチナシティにふさわしい村民一人ひとりが輝く村づくりにまい進していきたい」と話している。

<プラチナ大賞>
 同運営員会とプラチナ構想ネットワークが主催し、総務省などが後援。未来のあるべき社会像「プラチナ社会」のモデルを示すことを目的に創設された。アイデアあふれる方策で地域課題を解決する取り組みをたたえている。

関連記事

荘内日報社

平田牧場×幸楽苑

 全国でラーメン店を展開する「幸楽苑ホールディングス」(福島県郡山市、新井田昇社長)は、「平田牧場」(酒田市、新田嘉七社長)と新商品「Wチャーシューめん」を共同企画し21日、幸楽苑全492店舗で販売を開...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 対象施設増やす

 南紀白浜エアポートとNECは、和歌山県白浜町内で展開している顔認証システムの実証実験の対象施設を6カ所増やし12カ所にした。バスチケットの購入や観光施設に入場する際などにも利用できるようになり...

プラネタリウム新番組 太陽や星の動き…子どもにも多くの発見 陸別

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)で、11月からプラネタリウムの新番組「星空を見上げよう」を上映している。  小学4年生のセイヤとルナが博士と会話をしながら楽しく学べる...

宇部日報社

設立55年の節目祝う 西岐波みかん生産組合が式典【宇部】

 西岐波みかん生産組合(上田博昭組合長、21人)の設立55周年記念式典が21日、宇部市西岐波のミカン畑で開かれ、組合員、来賓ら19人が出席し、節目を祝った。  同組合は1963年に発足。現在は2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク