全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

被害リンゴの「応援」販売 箕輪北小3年2組が栽培学習の恩返し

元気に呼び込みしリンゴを販売する児童たち

箕輪町の箕輪北小学校3年2組(北原牧子教諭、36人)は、栽培学習でお世話になっている果樹園のリンゴが台風19号の影響で落果被害が出たのを受け、「果樹園を応援しよう」と7日、同町大出のベルシャイン伊北店で被害リンゴの販売会を行った。児童たちは「おいしいリンゴだよ」などと来店客らに呼び掛け、懸命に販売に取り組んだ。

同校の3・4年生は毎年、同町大出のリンゴ園「GRAPPLE TAKADA」(高田知行園主)で栽培学習を実施。今年度も3年2組が同園のシナノスイートなどを中心に、摘果作業やリンゴが色づく前のシール張りなどを体験していた。しかし、学習のまとめともなる「収穫」は、台風19号の影響でリンゴの木が倒れたり、実が落果したりしたため断念した。

児童たちは、状況を理解する中で、被害を受けて気落ちする高田さんに対し「自分たちに何かできることはないか」「販売だけでも手伝えないか」と支援を打診。傷が比較的少ないシナノスイートの販売を決めた。

児童や児童の家族らも袋詰めなどで協力し、リンゴ3~4個、1キロを1袋の目安に計194袋を用意。一袋500円で販売した。

高田園主は「最も楽しみな収穫ができなかったのは残念だったが、子どもたちの温かい気持ちに触れる過去にない体験ができた。とても励まされた。頑張らないといけない―と改めて思い知らされた」と感謝。北原教諭は「こうした経験から、困っている人には進んで手を差し伸べられる人材になってほしい」と話していた。

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク