全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒東高生が山大農留学生と交流

 酒田東高校(五十嵐文彦校長)で6日、台湾への研修旅行を控えた2年生175人が、山形大農学部(鶴岡市)の留学生たちと英会話の実践的なトレーニングを兼ねて、英語で交流した。

山形大農学部の留学生(左の2人)と対話する酒田東高の生徒たち

 同校では毎年この時期、2年生が台湾に研修旅行に行き、姉妹校の桃園市立武陵高級中等学校を訪問。同校生徒に対し、授業「課題研究」で調べた成果や酒田のこと、学校のことなどを、英語を通じて紹介するなど交流している。今年は今月7―10日の3泊4日にわたり渡航する。

 今回のトレーニングは、研修旅行に備えて鍛えた英語力を試そうと、山形大農学部の協力で初めて企画。インドネシアや中国、タイ、ベトナム、セネガル、ブルキナファソ出身の留学生29人を講師に招き、約1時間にわたり英語で交流した。

 生徒たちは課題研究のテーマ別に20人前後の約10グループに分かれ、それぞれ留学生2、3人を囲み、車座になった。そして、「酒田の文化と歴史」「日本と韓国の関係」「情報処理能力を高めるには」など、課題研究の成果を英語で発表。さらに留学生からフリートークで「酒田でおいしい食べ物は?」「うどんとラーメンの違いは?」「学校で好きな教科は?」など質問され、身ぶり手ぶりを交え、懸命にコミュニケーションした。留学生から「恥ずかしがらず、何でも聞いて」「自分たちも英語は母国語ではない。経験を重ねれば、誰でもしゃべられるようになる」などアドバイスを受けるグループもあった。

 インドネシア出身の女性留学生2人に「音楽と勉強の関係」を発表し、学校生活に関するフリートークにも積極的に臨んだ池田龍汰さん(16)は「まずまずコミュニケーションが取れ、自信になった。言葉だけに頼らず、いろんな表現でいいんだとか、学べたことは多い。台湾でもしっかり交流してきたい」と話した。

関連記事

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

荘内日報社

ベテラン棟梁から熟練の手ほどき

 わが国に古くから伝わる建築工法「伝統木構法」を学ぶ「日本の伝統的大工塾」(塾長・川上清太郎田川建設労働組合執行委員長)が5日、鶴岡市で開塾した。庄内地方の大工を中心に建築に関わる18―50歳の男女11人...

紀伊民報社

檜扇を蔵出し 熊野速玉大社 扇立祭

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社(上野顯宮司)は6日、14日の「扇立祭(おうぎたてまつり)」に向け、神前に立てる「檜扇(ひおうぎ)」の蔵出しをし、みこが丁寧にほこりを払った。今年の扇立祭...

釧路新聞社

ジャズ喫茶 幸町に開店【釧路】

   釧路ジャズクラブ代表で今春に釧路市役所を定年退職した神村恭一さん(60)がジャズ喫茶「Cat」を釧路市幸町6の1、幸町ビル2階にオープンした。店内には釧路のジャズ喫茶を代表する存在だった小林...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク