全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒東高生が山大農留学生と交流

 酒田東高校(五十嵐文彦校長)で6日、台湾への研修旅行を控えた2年生175人が、山形大農学部(鶴岡市)の留学生たちと英会話の実践的なトレーニングを兼ねて、英語で交流した。

山形大農学部の留学生(左の2人)と対話する酒田東高の生徒たち

 同校では毎年この時期、2年生が台湾に研修旅行に行き、姉妹校の桃園市立武陵高級中等学校を訪問。同校生徒に対し、授業「課題研究」で調べた成果や酒田のこと、学校のことなどを、英語を通じて紹介するなど交流している。今年は今月7―10日の3泊4日にわたり渡航する。

 今回のトレーニングは、研修旅行に備えて鍛えた英語力を試そうと、山形大農学部の協力で初めて企画。インドネシアや中国、タイ、ベトナム、セネガル、ブルキナファソ出身の留学生29人を講師に招き、約1時間にわたり英語で交流した。

 生徒たちは課題研究のテーマ別に20人前後の約10グループに分かれ、それぞれ留学生2、3人を囲み、車座になった。そして、「酒田の文化と歴史」「日本と韓国の関係」「情報処理能力を高めるには」など、課題研究の成果を英語で発表。さらに留学生からフリートークで「酒田でおいしい食べ物は?」「うどんとラーメンの違いは?」「学校で好きな教科は?」など質問され、身ぶり手ぶりを交え、懸命にコミュニケーションした。留学生から「恥ずかしがらず、何でも聞いて」「自分たちも英語は母国語ではない。経験を重ねれば、誰でもしゃべられるようになる」などアドバイスを受けるグループもあった。

 インドネシア出身の女性留学生2人に「音楽と勉強の関係」を発表し、学校生活に関するフリートークにも積極的に臨んだ池田龍汰さん(16)は「まずまずコミュニケーションが取れ、自信になった。言葉だけに頼らず、いろんな表現でいいんだとか、学べたことは多い。台湾でもしっかり交流してきたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク