全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

矢倉神社で火焚き祭り 山の恵みに感謝

宵宮に境内で火を焚く地域住民(6日、古座川町宇津木で)

 和歌山県古座川町宇津木の矢倉神社で6、7日、火焚(た)き祭りが営まれた。地域住民が山で伐採してきた雑木を境内に積んで燃やし、山の恵みに感謝した。

 27戸約70人が暮らす宇津木区の祭り。神社には祭壇があるだけで、鳥居も祠(ほこら)もない。資料が残っていないため詳しい歴史は分かっていないが、境内にある石塔には天保15(1844)年と刻まれている。
 宵宮の6日は午後6時ごろから10時ごろまで境内で火を焚き住民たちが祭壇にサカキを供えて参拝した。本宮の7日は午前8時ごろから10時ごろまで、火を焚き、「シトギ」と呼ばれる餅を焼いて食べ、一年の無病息災を祈った。
 地域住民よると、50年ほど前までは各戸が雑木を持ち寄り、宵宮は朝まで火を焚いていたという。
 シトギは、半日水に浸しておいた米をすり鉢で細かくし、せんべい状に丸くしてクマザサの葉の上で焼く餅。50年ほど前までは直径30センチほどのシトギを1枚焼き、ちぎって参拝者に配っていたが、近年は直径約12センチのものを複数焼いて配っている。かつてはダイコン、ニンジン、マグロなどで作った「なます」も一緒に食べていたという。
 区長の東増夫さん(66)は「住民の高齢化で祭りの準備が年々大変になってきているが、移住してきた若い人たちが手伝ってくれるので助かっている」と話していた。

関連記事

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

荘内日報社

ベテラン棟梁から熟練の手ほどき

 わが国に古くから伝わる建築工法「伝統木構法」を学ぶ「日本の伝統的大工塾」(塾長・川上清太郎田川建設労働組合執行委員長)が5日、鶴岡市で開塾した。庄内地方の大工を中心に建築に関わる18―50歳の男女11人...

紀伊民報社

檜扇を蔵出し 熊野速玉大社 扇立祭

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社(上野顯宮司)は6日、14日の「扇立祭(おうぎたてまつり)」に向け、神前に立てる「檜扇(ひおうぎ)」の蔵出しをし、みこが丁寧にほこりを払った。今年の扇立祭...

釧路新聞社

ジャズ喫茶 幸町に開店【釧路】

   釧路ジャズクラブ代表で今春に釧路市役所を定年退職した神村恭一さん(60)がジャズ喫茶「Cat」を釧路市幸町6の1、幸町ビル2階にオープンした。店内には釧路のジャズ喫茶を代表する存在だった小林...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク