全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

矢倉神社で火焚き祭り 山の恵みに感謝

宵宮に境内で火を焚く地域住民(6日、古座川町宇津木で)

 和歌山県古座川町宇津木の矢倉神社で6、7日、火焚(た)き祭りが営まれた。地域住民が山で伐採してきた雑木を境内に積んで燃やし、山の恵みに感謝した。

 27戸約70人が暮らす宇津木区の祭り。神社には祭壇があるだけで、鳥居も祠(ほこら)もない。資料が残っていないため詳しい歴史は分かっていないが、境内にある石塔には天保15(1844)年と刻まれている。
 宵宮の6日は午後6時ごろから10時ごろまで境内で火を焚き住民たちが祭壇にサカキを供えて参拝した。本宮の7日は午前8時ごろから10時ごろまで、火を焚き、「シトギ」と呼ばれる餅を焼いて食べ、一年の無病息災を祈った。
 地域住民よると、50年ほど前までは各戸が雑木を持ち寄り、宵宮は朝まで火を焚いていたという。
 シトギは、半日水に浸しておいた米をすり鉢で細かくし、せんべい状に丸くしてクマザサの葉の上で焼く餅。50年ほど前までは直径30センチほどのシトギを1枚焼き、ちぎって参拝者に配っていたが、近年は直径約12センチのものを複数焼いて配っている。かつてはダイコン、ニンジン、マグロなどで作った「なます」も一緒に食べていたという。
 区長の東増夫さん(66)は「住民の高齢化で祭りの準備が年々大変になってきているが、移住してきた若い人たちが手伝ってくれるので助かっている」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク