全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「北海道」名付け親 武四郎 生誕200年祝う 三重県松阪市

トークセッションで武四郎について語る(左から)宇梶静江さんと剛士さん

 「北海道」の名付け親として知られる探検家松浦武四郎(1818~88年)の生誕200年を記念するオープニングイベントが24日、武四郎の出身地・松阪市の農業屋コミュニティ文化センターで開かれた。満席となる約500人の市民らが来場。アイヌ舞踊やトークセッションなどで武四郎生誕の節目を祝った。

 イベントは来年1月にかけて行われるメモリアルイヤー行事の皮切り。この日は静内民族文化保存会(日高管内)のアイヌ古式舞踊で開幕。竹上真人松阪市長は、多くの来場と北海道からの参加にアイヌ語で「イヤィラィケレ(ありがとう)」と感謝し、「今年は記念すべき年。郷土の偉人をさらに全国に発信していきたい」と述べた。

 来賓の窪田毅北海道副知事、加藤忠道アイヌ協会理事長、加藤剛士テッシ・オ・ペッ賑(にぎ)わい創出協議会長(名寄市長)、鈴木英敬三重県知事、山本芳敬松阪市議会議長もあいさつ。武四郎の直系子孫の松浦一雄さん(83)、武四郎の兄の子孫の松浦ともさん(96)の2人に、地元小学生から花束とメッセージが贈られた。地元劇団による武四郎の功績を紹介する劇も披露された。

 その後のトークセッションでは、アイヌ文化を伝承する宇梶静江さん(84)と長男で俳優の宇梶剛士さん(55)が登場。「武四郎の道は未来へとつづく」のテーマのもと、アイヌの血筋を引く静江さんは「武四郎先生はアイヌと寝食を共にし、生活文化を伝えた。違う文化を認め合った。アイヌの同胞たちも感謝に堪えない思い」と声を震わせた。剛士さんは「武四郎へのアイヌの感謝と尊敬の思いは今も続いている。単なる過去の人ではない」と述べた。

 最後に松阪少年少女合唱団が合唱し、武四郎の生誕200年を祝った。

 武四郎は1818(文化15)年2月6日生まれ。生誕200年を迎える今年2月から来年1月までをメモリアルイヤーとし、巡回展「松浦武四郎」が帯広(12月15日~来年2月11日・道立帯広美術館)と札幌、津の3カ所で予定されるなど、武四郎の知名度向上などを目的にした記念事業が展開される。

関連記事

北羽新報社

三種町の特産PR 3年ぶり世界じゅんさい摘み採り選手権 小舟操り収量競う

 三種町の特産・ジュンサイの魅力を発信する「世界じゅんさい摘み採り選手権大会」が26日、開催された。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨年と一昨年は中止しており、3年ぶりの実施。県内各地からの参...

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

北羽新報社

藤里町で3年ぶり「ブナの森マラソン」 白神山地の麓で健脚競う

 藤里町内の森林基幹道米代線(米代フォレストライン)を走る「第9回ブナの森マラソン」は19日行われ、県内外のランナー223人が緑深まる世界自然遺産白神山地の麓で健脚を競った。新型コロナウイルスの影響で3...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク