全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

徳之島コーヒー22年に発売 収穫量1000キロ目指す 味の素AGF

鹿児島県徳之島産コーヒーの魅力を紹介する生産者会の吉玉代表=5日、東京・渋谷

 味の素AGF㈱(品田英明代表取締役社長)は5日、鹿児島県徳之島産コーヒーのテスト販売を2022年から始めると発表した。同社は徳之島でコーヒー生産支援プロジェクトを進めており、本年度の収穫量は約100キロを見込んでいる。22年度には1000キロまで引き上げ「真のコーヒーアイランド」を目指すとしている。

 東京の本社で記者発表した品田社長は、17年6月から生産者会や伊仙町、総合商社丸紅と「徳之島コーヒー生産支援プロジェクト」に取り組んでいることを紹介し、「日本で栽培されたコーヒーを日本の人に届けたい」と持続可能な国産コーヒーの生産・供給に意欲をみせた。

徳之島コーヒー生産支援プロジェクトのロゴマーク

 記者発表には徳之島の関係者も同席した。生産者会の吉玉誠一代表は、島の土壌や気候に適した品種を選定中であることを報告し「コーヒーの花が開く春には素晴らしい香りが農園を包み込む」とコーヒー産地としての徳之島の魅力もPR。伊仙町役場の仲嶋正敏経済課長も「『コーヒーアイランド・徳之島』を観光メニューの一つとして取り組んでいる。AGFさんとのパートナーシップを通じ、より多くの方に島をPRしたい」と語った。

 プロジェクトでは種の植え付けから収穫までを一貫して島内で行う。味の素AGFは生産者に防風ネットやビニールハウスの支給、種や肥料の提供などを行っている。

 来年3月には、伊仙町で初の収穫祭と第2実証農場のオープニング式典を予定している。

関連記事

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

荘内日報社

ベテラン棟梁から熟練の手ほどき

 わが国に古くから伝わる建築工法「伝統木構法」を学ぶ「日本の伝統的大工塾」(塾長・川上清太郎田川建設労働組合執行委員長)が5日、鶴岡市で開塾した。庄内地方の大工を中心に建築に関わる18―50歳の男女11人...

紀伊民報社

檜扇を蔵出し 熊野速玉大社 扇立祭

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社(上野顯宮司)は6日、14日の「扇立祭(おうぎたてまつり)」に向け、神前に立てる「檜扇(ひおうぎ)」の蔵出しをし、みこが丁寧にほこりを払った。今年の扇立祭...

釧路新聞社

ジャズ喫茶 幸町に開店【釧路】

   釧路ジャズクラブ代表で今春に釧路市役所を定年退職した神村恭一さん(60)がジャズ喫茶「Cat」を釧路市幸町6の1、幸町ビル2階にオープンした。店内には釧路のジャズ喫茶を代表する存在だった小林...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク