全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

元気な230人超が疾走

特設コースを軽快に走る子どもたち=豊橋総合動植物公園で

 第5回ええじゃないか豊橋サイクルフェスティバル(同実行委主催)が25日、豊橋総合動植物公園の特設コースで開かれ、市内外からロードレースに101人、キッズバイクフェスに136人が出場、熱戦を繰り広げた。  昨年までは、未就学児が対象のキッズバイクのみだったが、今年は子どもたちに自転車レースの魅力をもっと伝えたいと、ロードレース部門を新たに新設。小学生も参加できるようになり、1周1・11キロの特設コースで軽快な走りをみせた。  6年生の部では、兵庫県西宮市から駆け付けた谷口隼悟君が、前半から独走して優勝。「とてもうれしい。中学に進学しても自転車を続けて、各地の大会に出場したい」と話していた。  豊橋競輪場に所属する競輪選手、白井一機さんら5人も来場、レースの先導などを務め、大会を盛り上げた。  一方、キッズバイクは、地面を足で蹴って自転車を進める「ランバイク」を使ってレースを行い、元気あふれるちびっ子たちが力走した。

関連記事

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク