全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

早め点灯を 帯広で道内初7日「おもいやりライト運動」

 全国の路上で交通安全を呼び掛ける「おもいやりライト運動」が7日午後3時半から、道内では初めて、帯広市大通1の交差点で行われる。主催する「とかち夕暮れライトオンプロジェクト」(加茂与志雄代表)は、参加者を募集している。

参加を呼び掛けるプロジェクトの加茂代表(右)

 「おもいやりライト運動」は、日の入り30分前を目安に、ドライバーに早めのヘッドライト点灯を呼び掛け、夕暮れ時の交通事故削減を目指す運動。今年も1~10日に全国各地で、住民の自主活動として展開されている。今年は帯広を含む12市町が参加した。

 帯広市内のシェアハウス「トリノス」を運営する加茂与志雄代表が取り組みに賛同し、プロジェクトを立ち上げた。市などが協力、建設業のヨシダホーム(音更町)と不動産業のフォノ(帯広市)が協賛する。経費の余剰金は、台風19号被災地に寄付する。

 当日は帯広市大通1丁目の交差点に立ち、「ヘッドライト」「点灯してね」などと書かれたパネル、のぼりを持ち、ドライバーにライト点灯を呼び掛ける。実施時間は1時間程度。天気によって早めることもある。

 加茂代表は「大切な人を守るために、歩道からドライバーに直接早め点灯を促したい」と話している。賛同者には、黄色など明るい色の服で参加するよう呼び掛けている。

 午後6時からはホテルヌプカ(帯広市西2南10)で、運動をプロデュースするソーシャルイベンターの真田武幸さんの講演会も予定している。問い合わせは加茂代表(090・8896・5997)へ。

関連記事

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

宇部日報社

全国学校給食週間、小学校で昭和30年代のメニュー

 宇部市内の全公立小・中学校36校は、食べ物の大切さや、給食が多くの人に支えられていることを考えてもらう機会にしようと、24日から28日までの全国学校給食週間に合わせて特別メニューなどを展開して...

みずみずしい純白の花  珍種シロバナヒカンザクラ咲く 奄美市

 鹿児島県奄美市名瀬大熊の県道81号沿いで珍種のシロバナヒカンザクラが開花し、みずみずしい純白の花が通行人の目を和ませている。  満開を迎えているのは県道沿い3カ所の合計5本。辺りでは濃いピン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク