全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

カンムリワシ事故死 ことしに入り5羽犠牲

衰弱から回復した幼鳥。「キム」と名付けられ、2015年2月に放鳥されたが、ことし11月2日に交通事故死した(環境省沖縄奄美自然環境事務所石垣自然保護官事務所提供)

 2日午前7時20分ごろ、石垣市川平の県道207号川平高屋線で、国の特別天然記念物で種の保存法に基づく国内希少野生動植物種に指定されているカンムリワシ1羽が、顔から出血して路上に横たわっているのをドライバーが発見した。すでに死んでいた。環境省沖縄奄美自然環境事務所石垣自然保護官事務所によると、交通事故死。カンムリワシが交通事故の被害に遭うのはことしに入って7件目、うち5羽が犠牲になっている。

 事故死した個体の左足に装着されていたリングから、2015年2月に放鳥した「キム」であることが判明した。

 この個体は同年1月23日、名蔵湾沿いの県道79号線の道路脇で衰弱して飛べない状態になっているところを救護された。巣立ったばかりの幼鳥とみられたため、餌の確保が難しくなって衰弱した可能性があった。

 その後、治療とリハビリで回復したことから、同年2月20日に名蔵ダム管理事務所付近で放鳥されていた。16年の4月28日と9月13日、17年の5月4日と9月6日、いずれも屋良部半島で確認されている。

 カンムリワシは、秋から幼鳥の独立期、冬には成鳥の交尾・造巣期を迎えることから、道路沿いでも餌を狙って出現する頻度が高まる。この時期に交通事故が発生する傾向にあることから、今後さらに輪禍が懸念される。

 環境省では、運転注意マップの更新やチラシ配布などを通して注意喚起を強化していく考え。早朝や夕暮れなど視認性が悪い時間帯や見通しの悪いカーブ、出現頻度の高い道路区間などで注意するよう呼び掛けている。

 傷病あるいは事故死の個体を発見した場合は同事務所(0980-82-4768)。市教育委員会文化財課(0980-83-7269)、西表島では西表野生生物保護センター(0980-85-5581)まで。

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク