全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

足寄しあわせチーズ工房特別賞 全国ナチュラルチーズコン

 国産ナチュラルチーズの品評会「ALLJAPANナチュラルチーズコンテスト」(中央酪農会議主催)が10月30日、都内で開かれた。7工房が参加した十勝勢は、しあわせチーズ工房(足寄)の「茂喜登牛(モキトウシ)」が第三席の特別賞、NEEDS(幕別)の「ラクレット」が審査員特別賞に輝いた。

コンテストの上位入賞者。右端が本間さん、左端が長田さん

幕別・NEEDS審査員特別賞
 同コンテストは2年に1度開かれ、今回は全国86工房から203品が出品された。金賞10点の中から最優秀を含む特別賞3品が選ばれ、しあわせチーズ工房の茂喜登牛は第三席の中央酪農会議会長賞を受賞した。

 茂喜登牛はエゾマツの皮を巻いて熟成したウオッシュタイプのチーズで、優しい甘みとエゾマツの香りが特徴。熟成が進むと、カスタードクリームのように軟らかくなる。同工房の本間幸雄代表は「受賞はうれしい。クオリティーを安定させ、さらに良いチーズを作りたい」と話した。

 審査員特別賞は、金賞に次ぐ優秀賞10点の中から1点を選定。NEEDSのラクレットは、芳醇(ほうじゅん)な香りが高く評価された。長田正樹社長は「受賞は励みになる。今後もできることを一つ一つやっていきたい」と語った。

 また、優秀賞10点には十勝から、しあわせチーズ工房の「しあわせラクレット」、ランラン・ファーム(清水)の「十勝シェーブル炭」が選ばれた。最優秀賞は川瀬チーズ工房(渡島管内長万部町)の「フリル」。最終審査は帯広畜産大の中村正准教授ら10人が担当した。

特別賞を受賞した、しあわせチーズ工房の「茂喜登牛(モキトウシ)」

関連記事

音更小麦100%ラーメン開発 ばん馬toきのこto小麦の環

 農家や食品加工業者などで構成し、資源循環型のプロジェクトを展開する協議会「ばん馬toきのこto小麦の環」(三浦尚史代表)は、らぁめん創房藤(音更町)の協力を得て、「キタノカオリ」など町産小麦を1...

香りも瓶詰め 十勝ワインヌーボ28日解禁 池田

 今年産ブドウを原料にした新酒「十勝ワイン ヌーボ赤2019」の瓶詰め作業が19日、町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)の製造工場で行われた。3000本を製造し、28日に発売する。  後志...

長野日報社

玄米粉と黒豆きな粉のマドレーヌ 辰野町に新名物誕生

長野県の辰野町商工会女性部(松井夕起子部長)は、町の土産品づくりプロジェクトで、同町下辰野の菓子司・味香月堂(小澤良教店主)とともに新商品「おらが町の米(ま)どれーぬ」を共同開発した。地場産の玄...

長野日報社

とろろ「お代わり」54杯 茅野市金沢で大会

「こっち、お代わり!」「こっち、こっち」。40分の制限時間で、とろろご飯を何杯食べることができるか競う茅野市の金沢体協恒例の「とろろ選手権大会」が3日、金沢地区コミュニティセンターであった。ご飯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク