全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

足寄しあわせチーズ工房特別賞 全国ナチュラルチーズコン

 国産ナチュラルチーズの品評会「ALLJAPANナチュラルチーズコンテスト」(中央酪農会議主催)が10月30日、都内で開かれた。7工房が参加した十勝勢は、しあわせチーズ工房(足寄)の「茂喜登牛(モキトウシ)」が第三席の特別賞、NEEDS(幕別)の「ラクレット」が審査員特別賞に輝いた。

コンテストの上位入賞者。右端が本間さん、左端が長田さん

幕別・NEEDS審査員特別賞
 同コンテストは2年に1度開かれ、今回は全国86工房から203品が出品された。金賞10点の中から最優秀を含む特別賞3品が選ばれ、しあわせチーズ工房の茂喜登牛は第三席の中央酪農会議会長賞を受賞した。

 茂喜登牛はエゾマツの皮を巻いて熟成したウオッシュタイプのチーズで、優しい甘みとエゾマツの香りが特徴。熟成が進むと、カスタードクリームのように軟らかくなる。同工房の本間幸雄代表は「受賞はうれしい。クオリティーを安定させ、さらに良いチーズを作りたい」と話した。

 審査員特別賞は、金賞に次ぐ優秀賞10点の中から1点を選定。NEEDSのラクレットは、芳醇(ほうじゅん)な香りが高く評価された。長田正樹社長は「受賞は励みになる。今後もできることを一つ一つやっていきたい」と語った。

 また、優秀賞10点には十勝から、しあわせチーズ工房の「しあわせラクレット」、ランラン・ファーム(清水)の「十勝シェーブル炭」が選ばれた。最優秀賞は川瀬チーズ工房(渡島管内長万部町)の「フリル」。最終審査は帯広畜産大の中村正准教授ら10人が担当した。

特別賞を受賞した、しあわせチーズ工房の「茂喜登牛(モキトウシ)」

関連記事

ワイン城再開を記念 町民用ブランデー発売 池田

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は3月31日、ワイン城のリニューアルオープン(4月26日)記念事業の一環で、町民還元用の十勝ブランデー「Genteel(ジェンティール)V・S・O・P」(700ミ...

蒲郡で樹熟デコポン収穫始まる

 蒲郡市内で、かんきつ果物デコポンを結実させたまま完熟させる「樹熟(きじゅく)デコポン」の収穫が始まった。生産農家は「果汁たっぷりで大玉に育った。食べて満足できます」と出来栄えを語った。2日...

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク