全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アーチェリー、市民楽しむ 八重山協会と日体大

アーチェリーを体験する市民ら=24日午後、サッカーパークあかんま

 八重山アーチェリー協会と日本体育大学アーチェリー部は24日、サッカーパークあかんまでアーチェリー体験教室を開催、市民ら約20人が参加した。25日も同パークで、午前10時から体験会、午後1時から大会(川原カップ)が行われる。(雨天時は崎枝小体育館に変更)。  日体大アーチェリー部は地域貢献事業の一環として、全国各地で体験教室を行っており、石垣では昨年に続いて2回目。石垣市出身の川原壯太さん(2年)を含む部員4人が道具の使い方や弓の引き方などを丁寧に指導した。  参加者は3メートルの近射から始め、慣れた段階で18メートル先の的を目掛けて弓を引き、矢が的に当たる爽快感を楽しんだ。  母親と体験した登野城小5年の青木惺太朗(しょうたろう)君は「狙ったところにいくと楽しい。集中していないと狙ったところにいかないので、難しい」と夢中で矢を放った。  昨年に続いて来島した同部の東美羽さん(2年)は「うまく伝えるのは難しいが、教えることで、自分の勉強にもなる」と笑顔を見せた。  自身も体験教室でアーチェリーを始め、高校時代にインターハイ5位まで上りつめた川原さんは「競技をする中高生が増え、部ができればいい。そのためには、専用のアーチェリー場が必要。石垣は暖かいので、代表チームの合宿も誘致できると思う」と話した。  同協会では週に2度、練習会も行っている。問い合わせは同協会(090-1875-3156、藤井)。

関連記事

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

北羽新報社

藤里町で3年ぶり「ブナの森マラソン」 白神山地の麓で健脚競う

 藤里町内の森林基幹道米代線(米代フォレストライン)を走る「第9回ブナの森マラソン」は19日行われ、県内外のランナー223人が緑深まる世界自然遺産白神山地の麓で健脚を競った。新型コロナウイルスの影響で3...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

トカプチ400初開幕 27時間以内で認定 十勝の12市町村全コース

 国の「ナショナルサイクルルート」に昨年指定された、十勝管内南北400キロ余りのコース「トカプチ400」を走破する超長距離サイクリングイベントが、18、19の両日に開かれている。主催団体によると指...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク