全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣ー稚内、節目に式典 北の魚屋さんと友遊クラブ 石垣島まつり出店20周年と設立15周年

「北の魚屋さん」の石垣島まつり出店20周年と友遊会創立15周年を祝う稚内、石垣両市の関係者ら=4日午後、中二組ハーリー小屋

 北海道稚内市「北の魚屋さん」(鎌田幸宏代表)の石垣島まつり出店20周年記念式典(同実行委主催)が4日午後、浜崎町の中二組ハーリー小屋で開かれ、石垣市と稚内市の関係者が集い共に節目を祝った。石垣市側の「いしがき&わっかない友遊クラブ」(桃原直会長)と相互に感謝状を贈呈し合い18個人3団体を表彰した。

 今回の石垣島まつりでは稚内市職員と宗谷漁業者ら総勢18人が来島、海産物を販売した。創立15周年を迎えた友遊クラブは市役所の自治労職員が中心の組織。長年に渡り草の根交流が続けられた。

 日向寺和裕実行委員長は「最初のメンバーも60歳を過ぎた。今後は若い人が後を継いで伝統になっていくものと思う」と感慨深そうに話し、「きょうは20年の思い出を語っていこう」とあいさつした。

 続いて友遊クラブの設立15周年記念式典が行われ、同式典の野原喬実行委員長が稚内市との姉妹都市提携の歴史などを紹介し、両市の労働組合の発展に期待した。

 同クラブの桃原会長は「若い人への世代交代が両方ともできている。石垣島まつり以外の市民同士の交流も広がると思う」と話した。

 祝賀会では、稚内市の工藤広市長がメッセージを寄せ、元石垣市副市長の黒島健氏も祝辞を述べた。北の魚屋さんの鎌田代表、友遊クラブ元会長の比屋定幸助氏が謝辞を述べた。

 感謝状受賞者は次の皆さん(敬称略)。

 【稚内市】 ▽個人協力=加賀谷一行、鎌田幸宏、日向寺和裕、小田島富男、大友澄男、板坂篤樹、太田潤、青木秀貴 ▽団体協力=稚内市労連及び友好促進の会  【石垣市】 ▽個人協力=片桐政順、比屋定幸助、故・浦本隆義、荷川取明、上原亀一、松島かず代、玉那覇久枝、高江洲政子、宮良長欣、宮城晧 ▽団体協力=石垣市職労及び友遊クラブ、八重山漁協協同組合

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク