全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田の映画文化復活願い

 かつて「世界一の映画館」といわれた酒田市の「グリーンハウス」が発行していた小冊子「GREEN YEARS」(グリーン・イヤーズ)を編集していた元県職員、故・小松登喜雄さんの遺族が3日、1952年から約25年間にわたり発行されたほぼ全巻に相当する約1000冊を、酒田市立図書館光丘文庫に寄贈した。

 寄贈したのは、登喜雄さんの三男で建築士の小松賢三さん(66)=東京都文京区向島。今年1月に都内で、グリーンハウスを扱ったドキュメンタリー映画「世界一と言われた映画館 酒田グリーンハウス証言集」(2017年、佐藤広一監督作品)を観賞し、その中で同映画館に通った女性が、集めたグリーン・イヤーズを大切に保管している様子を見て、感激し、寄贈を思い立ったという。

 グリーンハウスは1949年5月、中町二丁目に開館。最新の洋画を中心に次々に上映したほか、小劇場として活用するなど、地方にあって先進的な文化創造・発信の拠点となり、映画評論家・淀川長治氏が「世界一の映画館」と絶賛した。しかし76年10月、酒田大火の火元となって焼失した。

 グリーン・イヤーズは上映作を紹介する小冊子で、「グリーン・ニュース」などを前身に52年5月に第1号を発刊。大火発生時に上映していた「愛のコリーダ」などを紹介した1029号まで約25年にわたり、ほぼ週刊で発行された。B5判の両面刷りを二つ折りにした4ページが基本で、晩年は三つ折りの6ページになった。地元商店などの広告も載り、時代背景を伝えている。

 賢三さんによると、登喜雄さんは、グリーンハウスの「編集者公募」に応じ、門崎志郎さん(故人)ら2人とともに編集作業に当たった。仕事が終わって帰宅後、映画配給会社から送られてきた写真や解説文を使い、編集していた。ボランティアだったが、「父親と一緒にグリーンハウスに行くと、顔パスで入れたし、父親は入場券をもらっていたようで、自分もそれをもらい、よく映画を見にいっていた」(賢三さん)という。

 この日は賢三さんが市中町庁舎内の光丘文庫を訪れ、市立図書館の岩浪勝彦館長と岩堀慎司文庫長に、登喜雄さんが遺したグリーン・イヤーズの第1―1029号のうち、欠番14冊を除く1015冊を、目録など自作の資料とともに寄贈した。

 賢三さんは「5、6歳の頃からグリーンハウスで映画を見て、映画ファンになった。『東京と同時上映』など最新の映画を酒田でいち早く見られるのは誇りだった。しかし今、酒田に常設の映画館がないのは寂しい。酒田の映画文化復活のきっかけになれば」と、寄贈への思いを語った。

 岩浪館長と岩堀文庫長は「さまざまな広告も載っており、郷土の文化に関する貴重な資料として有効活用させてもらう」と感謝。今後、公開していくという。市立資料館(一番町)には、門崎さんが寄贈したほぼ同様のコレクションがあり、お互いが欠番を補う形でほぼ全巻がそろうという。

寄贈したグリーン・イヤーズを披露した賢三さん=3日、光丘文庫

関連記事

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

宇部日報社

全国学校給食週間、小学校で昭和30年代のメニュー

 宇部市内の全公立小・中学校36校は、食べ物の大切さや、給食が多くの人に支えられていることを考えてもらう機会にしようと、24日から28日までの全国学校給食週間に合わせて特別メニューなどを展開して...

みずみずしい純白の花  珍種シロバナヒカンザクラ咲く 奄美市

 鹿児島県奄美市名瀬大熊の県道81号沿いで珍種のシロバナヒカンザクラが開花し、みずみずしい純白の花が通行人の目を和ませている。  満開を迎えているのは県道沿い3カ所の合計5本。辺りでは濃いピン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク