全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

花めでる列 最後まで おびひろ菊まつり最終日

色とりどりの菊が会場を彩り、最終日もにぎわうまつり会場

 「第50回おびひろ菊まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)は、最終日の4日も多くの人でにぎわった。期間中は天候に恵まれ、会場をとかちプラザに移転して以降、来場者数は過去最高になりそうだ。

 4日は土・日曜に比べ、老人ホームなどから訪れた車いすのお年寄りの姿が目立った。

 約1400株の菊が飾られた総合花壇や菊盆栽など、会場でしか見られない展示に、市内の室井サチエさん(84)は「ここに来ると気分が和む」と笑顔を見せた。

 市内の久保ヨシさん(94)は次女(66)と共に訪れ、「庭づくりや庭園が大好きで毎年来ている。花に囲まれると、気分が明るくなる」と話した。

 子どもたちの姿も。帯広明星小1年の女児は、背丈の倍もある大菊を前に「ヒマワリより大きくてすごい」と声を弾ませた。

 推進委によると、会場を移転した2015年以降、最も来場者が多かったのは18年の2万7020人。今年は全日程が晴れで連日多くの人が訪れ、昨年超えは確実とみている。

関連記事

漂着ごみはどこから 離島ターミナルで企画展 27日まで

 ユーグレナ石垣港離島ターミナルで開催中の海洋漂着物企画「漂着ごみはどこから来るの?」(環境省石垣保護官事務所主催)の展示会が27日までとなっている。  同展示会は、八重山の海岸に滞留している...

荘内日報社

「紅花の守人」「丸八やたら漬」 映画撮影の思い 鶴岡まちキネ 佐藤監督と髙..

 山形県を舞台にしたドキュメンタリー映画「紅花の守人(もりびと)」と「丸八やたら漬 Komian」を上映中の鶴岡まちなかキネマで15日、両作品の監督・佐藤広一(こういち)さん(44)=天童市在住=とプ...

八重山古典民謡保存会 2年ぶり新春演奏会 45周年へ心一つに

 八重山古典民謡保存会(大浜修会長)の新春演奏会が16日夕、大川公民館で開かれ、会員25人余りが鷲ぬ鳥節や目出度節など全14曲を披露した。演奏会は2年ぶり。新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮...

荘内日報社

庄内町地酒消費拡大キャンペーン プレミアム付き購入券発行へ 2月1日から町..

 庄内町観光協会は11日、「庄内町地酒消費拡大キャンペーン」と銘打ち、同町内の酒蔵「鯉川酒造」と「やまと桜」が製造する地酒をお得に購入できる「プレミアム付き地酒購入券」の発行を発表した。購入券は町内1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク