全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

花めでる列 最後まで おびひろ菊まつり最終日

色とりどりの菊が会場を彩り、最終日もにぎわうまつり会場

 「第50回おびひろ菊まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)は、最終日の4日も多くの人でにぎわった。期間中は天候に恵まれ、会場をとかちプラザに移転して以降、来場者数は過去最高になりそうだ。

 4日は土・日曜に比べ、老人ホームなどから訪れた車いすのお年寄りの姿が目立った。

 約1400株の菊が飾られた総合花壇や菊盆栽など、会場でしか見られない展示に、市内の室井サチエさん(84)は「ここに来ると気分が和む」と笑顔を見せた。

 市内の久保ヨシさん(94)は次女(66)と共に訪れ、「庭づくりや庭園が大好きで毎年来ている。花に囲まれると、気分が明るくなる」と話した。

 子どもたちの姿も。帯広明星小1年の女児は、背丈の倍もある大菊を前に「ヒマワリより大きくてすごい」と声を弾ませた。

 推進委によると、会場を移転した2015年以降、最も来場者が多かったのは18年の2万7020人。今年は全日程が晴れで連日多くの人が訪れ、昨年超えは確実とみている。

関連記事

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

北羽新報社

藤里町で3年ぶり「ブナの森マラソン」 白神山地の麓で健脚競う

 藤里町内の森林基幹道米代線(米代フォレストライン)を走る「第9回ブナの森マラソン」は19日行われ、県内外のランナー223人が緑深まる世界自然遺産白神山地の麓で健脚を競った。新型コロナウイルスの影響で3...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

トカプチ400初開幕 27時間以内で認定 十勝の12市町村全コース

 国の「ナショナルサイクルルート」に昨年指定された、十勝管内南北400キロ余りのコース「トカプチ400」を走破する超長距離サイクリングイベントが、18、19の両日に開かれている。主催団体によると指...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク