全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

首里城焼失 石垣市が募金開始 「1日も早い再建を」

石垣市が首里城火災支援金と台風19号災害義援金の受け付けを開始。担当者らが募金箱を設置した=1日午前、市役所正面玄関受け付け前

 首里城が焼失したことを受け、石垣市は1日、「首里城火災支援金」の募集を開始した。この日から予定していた台風19号災害義援金受け付けに、「貴重な文化遺産かつ代表的な観光資源である首里城の焼失は、海を隔てた石垣市民にとっても大変ショッキングな出来事。1日も早い首里城の再建を」として急きょ追加した。今後、再建に向けた支援の輪が広がりそうだ。

 中山義隆市長と担当職員が同日午前、市役所正面玄関受付窓口に両募金箱を設置した。市立図書館、市健康福祉センターにも置いている。

 中山市長は「首里城は県民の心のよりどころ、シンボル。今後、再建に向けた動きが出てくると思うが、石垣市も協力していきたい。息の長い活動になると思うが、市民の力添えを」と協力を呼び掛けた。

 両募金の受け付けは12月27日まで。台風19号災害義援金については市が日本赤十字社に送金する。

 首里城災害支援金については、市平和協働推進課が募集から送金に至るまでの事務を取り扱う。受け付けは12月27日以降も継続される見通し。県が現在、寄付金口座の開設を準備している。

関連記事

長野日報社

SUWAブランド 新たに2社8品認定商品に

官民連携で諏訪地域の企業の商品の統一ブランドを展開する「SUWAブランド推進委員会」(岩波尚宏委員長)は27日、岡谷市と富士見町の2社の計8品を認定商品に加えたと発表した。諏訪地方の風物詩を...

荘内日報社

スマート農業学ぶ

 今春開校した鶴岡市立農業経営者育成学校「SEADS(シーズ)」で26日、初めての一般農業者向けの公開講座が開かれた。市内の若手農業者らが参加し、情報通信技術(ICT)などを活用した先進的なスマート...

紀伊民報社

「姫ひじき」が激減 来季に向け海岸清掃

 和歌山県串本町姫の特産品「姫ひじき」の水揚げ漁が激減している。多い年で約6トン(乾燥状態)、近年は約4トンを収穫していたが、昨年は約2・6トンと減少し、今季は680キロとさらに少なかった。来季...

宇部日報社

県立美術館再開、入場者数など制限

 県立美術館で26日、特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」が開幕した。新型コロナウイルス感染防止対策の徹底の中、多くの人が訪れ「北欧のフェルメール」と称されるヴィルヘルム・ハマスホイ(1864~...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク