全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

“箸鶴”1200体をプレゼント

 開いた箸袋を器用に折っていき、先端部に直径1㌢ほどの鶴を舞わせる「箸鶴(はしづる)」。酒田市坂野辺新田、不動産業、伊藤菊雄さん(63)が創作したもので、「世界平和の『懸け橋(箸)』になれば」との思いを込め、11月の「黒森歌舞伎」(県指定無形民俗文化財)ポーランド公演の際、現地の人たちにこの箸鶴をプレゼントするため今年2月から仲間と共に1200体を製作した。同公演に同行する伊藤さんは「日本の伝統文化を広く海外に発信したい」と意気込んでいる。

25体を連ねた箸鶴。土台はコンビニコーヒーのカップで、その細かさが分かる=伊藤さん提供

 伊藤さんは40年ほど前から居酒屋をはじめ飲食店に行った際、注文品が届くまでの間や暇を持て余した時に箸鶴を折ってきた。1体製作するのにかかる時間は箸袋の形状にもよるが、5分ほど。かなり細かい作業にもかかわらず、「酔っていても問題なく折ることができる」(伊藤さん)という。

 1997年度に地元・黒森小PTA会長を務めた伊藤さんは、後継者育成を目的に現在も続く「少年歌舞伎」創設に尽力し以来、一座「妻堂連中(さいどうれんちゅう)」の総務を担う部署に所属、各種公演を陰で支えている。

 初の海外公演となるポーランドへの「手土産」を模索した際、「鶴は平和の象徴。捨てられるだけの箸袋を使うことで日本の『もったいない』文化も紹介できる」と、箸鶴を持っていくことにし今年2月、自ら中心となり「箸鶴の会」を設立。賛同した女性を中心に40人余と共にこれまで折り続けてきた。

 ポーランド・日本国交樹立100周年記念イベントの一つとして行われる公演は、11月4日(月)に首都・ワルシャワ、同6日(水)に古都・クラクフでそれぞれ2回ずつ計4回開催、各回とも300人に箸鶴をプレゼントする。また、両都市で行われるレセプションでは、尺八に合わせて折り鶴の製作実演を披露する予定という。伊藤さんは「1200体の製作は1人ではできなかった。賛同の輪が広がったことがうれしい。折り鶴という伝統文化を現地で広く紹介できたら」と話した。

居酒屋で楽しみながら箸鶴を製作する伊藤さん(手前)

           

関連記事

調理法、地元漁師に学ぶ 児童ら刺し網体験で大漁 白浜・船浮小合同

 【西表】白浜小学校(長遠順二校長)・船浮小学校(中山盛延校長)合同の海洋教育「白浜の刺し網漁体験」が15日、行われた。地元の漁師、下地鮮魚店の下地勲さん・秀太さん親子が協力した。  朝、学校...

長野日報社

萩倉のクラフトビール 田村さんが醸造工場、初出荷 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町萩倉で、かつて同町の酒造会社で蔵人として働いていた田村治男さん(35)=同町東町上=がクラフトビールの醸造を始めた。同地に建てた醸造工場で4月から仕込んできたクラフトビールを5月...

紀伊民報社

濱中氏がGM就任 和歌山FB

 和歌山県田辺市出身の元プロ野球選手で、野球解説者の濱中治氏(43)が23日、さわかみ関西独立リーグに所属する和歌山ファイティングバーズ(FB)のゼネラルマネジャー(GM)に就任した。濱中氏は「...

田植え体験楽しむ 日ハムとコラボ B・Bも参加 田んぼのオーナー事業 厚真

厚真町内で農家の手ほどきを受けながら米作りを体験する2022年度田んぼのオーナー事業「田植え体験」が21日、町内幌内の水田で行われた。同日はプロ野球・日本ハムファイターズの被災地復興支援事業「ふぁ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク