全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

観光ふれあい大使に久木原さんと古松さん【宇部】

久木原さん(左)と古松さん(市役所前で)

 宇部市の魅力を全国各地にPRする「宇部観光ふれあい大使」が決まった。宇部市在住の久木原彰子さん(25)と古松美紗さん(24)の2人で、任期は11月1日から2年間。県内外のイベントやキャンペーンに参加し、宇部観光コンベンション協会の事業をサポートする。  久木原さんは2年前に福岡県から出身地の宇部にUターンし、大型商業施設で化粧品販売員として働く。「宇部がどんどん好きになり、何か貢献したいと思うようになった。特にグルメ情報を多くの人に伝えたい」と意気込む。  福岡県内のホテルでフロントスタッフとして働く古松さんは、「大切な家族に恩返しをしたい」と応募を決めた。「子どもの頃から彫刻を見るのが好きだった。市内のさまざまな場所にある彫刻の魅力をアピールしたい」と話す。  秋冬用の制服は、市花「サルビア」にちなんだ濃いボルドー色。サルビアの花言葉は尊敬。宇部の発展に尽くした人々への尊敬の気持ちを込めて2人で選んだという。  い~な大使時代を含めると、観光大使は11代目となる。まずは、11月3日に開かれる第68回宇部まつりでの大使交代式に出席。12月は人権週間にちなんだ街頭啓発に参加し、活動を本格化させる。

関連記事

西表 BBQバーガー無料配布 アソビハックがプレオープンで

 【西表】島内でグランピングBBQ出張サービスを予定するASOBIHACK(アソビハック・上地健太郎代表)は5月31日、プレオープンを記念して、うなりざき公園で100人分のBBQバーガーを無料配布した。 ...

長野日報社

商店街彩るバラ見頃 伊那市の中心市街地

 伊那市の中心市街地で地域の人たちが育てているバラが見頃を迎えた。西町、荒井、坂下、山寺の各商店街の沿道には赤や白、黄、ピンクなど色とりどりの花が咲き競い、買い物客らの目を楽しませている。 ...

荘内日報社

学生生活スタートを実感 公益大で対面型授業 一部開始

 新型コロナウイルス感染予防のため今年4月からオンラインによる遠隔授業を展開している酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は2日、キャンパス内の教室を活用した対面型授業を一部開始した。これまで画面...

紀伊民報社

飲食街にも明かり ぼちぼち再開

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業を自粛していた飲食店が、6月に入り続々と再開している。県内有数の飲食街である和歌山県田辺市湊の「味光路」にも、明かりがともり始めた。感染症対策をしつつ、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク