全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「ショウナイルーツ」立ち上げ

 農業所得の向上と担い手確保につなげようと、まちづくり会社ヤマガタデザイン(鶴岡市、山中大介社長)は29日、有機農産物の新ブランド「SHONAI ROOTS(ショウナイルーツ)」の立ち上げを発表した。JA庄内たがわ、JA鶴岡と連携して販路拡大や流通を担い、鶴岡市が普及に向け支援する。来春以降に本格出荷を予定し、5年後の販売額2億円を目指す。

有機農産物の新ブランド「SHONAI ROOTS」の立ち上げを発表する関係者

 当面は同市内で栽培した有機JASか特別栽培以上の農作物を対象とするが、将来的には庄内全体のブランドに育て、有機農業推進地域としての庄内を全国に発信していく。

 同社によると、有機農産物の需要は高まっているものの、個人で取り組む場合は販路や物流、代金決済などの手間やコストが課題となり、まとまった生産者団体が少なく、マーケットが拡大しにくい要因となっているという。新ブランドの展開では共通のパッケージを用い、JAの物流網や代金決済機能を生かして生産者の労力とコストを低減。農産物の付加価値を高め生産者の所得向上、生産意欲につなげる。同社がブランド管理を担い、市はふるさと納税の返礼品とするなど支援する。

 この日、市役所で記者会見した山中社長は「有機農産物の潜在的マーケットは大きい。全国流通の仕組みをつくり、庄内全体のブランドに育てたい」と強調。JA庄内たがわの黒井德夫組合長は「担い手確保の環境づくりにもなり、互いに協力していきたい」と期待を寄せた。

 同社は第1弾として11月1日から、ベビーリーフを首都圏の食品宅配スーパーなどを通じて販売する。同社はブランド管理料の一部を、市が来春開校する「市立農業経営者育成学校(SEADS)」の運営経費に還元し、地域で農業人材を育成・確保する循環を創出したいとしている。

関連記事

冬の石垣島、幻想的に 美ら島イルミネーション点灯

 クリスマスを2週間後に控えた11日夕、石垣市役所第2駐車場前で恒例の美ら島イルミネーションが点灯され、約1万球のLEDライトが石垣島の市街地を幻想的に彩った。実施期間は11日から3月末まで。時間...

長野日報社

山ぶどうワイン発売 信大農学部 オリジナル品種原料

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で11日、信大オリジナル品種のヤマブドウ「五一アムレンシス」を原料にした「山ぶどうワイン」の販売が始まった。ブドウ栽培に携わった学生や技術専門職員ら...

しかけ絵本展

 豊橋市中央図書館1階児童室で、図書館クリスマス特別企画「開いてびっくり!しかけ絵本展」が開催中。小さな子から大人まで楽しめる、カラフルなしかけ絵本約40点を、華やかなクリスマスの飾りと共に並...

荘内日報社

酒田市琢成小 最新機器でデジタルアート体験

 酒田市の琢成小学校(上松由美子校長、児童167人)の4―6年生が10日、市総合文化センターで、郷土芸能の獅子舞などをモチーフにしたデジタルアート体験を行い、自作のお面をかぶり、スクリーン上の獅子を操るな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク