全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「ショウナイルーツ」立ち上げ

 農業所得の向上と担い手確保につなげようと、まちづくり会社ヤマガタデザイン(鶴岡市、山中大介社長)は29日、有機農産物の新ブランド「SHONAI ROOTS(ショウナイルーツ)」の立ち上げを発表した。JA庄内たがわ、JA鶴岡と連携して販路拡大や流通を担い、鶴岡市が普及に向け支援する。来春以降に本格出荷を予定し、5年後の販売額2億円を目指す。

有機農産物の新ブランド「SHONAI ROOTS」の立ち上げを発表する関係者

 当面は同市内で栽培した有機JASか特別栽培以上の農作物を対象とするが、将来的には庄内全体のブランドに育て、有機農業推進地域としての庄内を全国に発信していく。

 同社によると、有機農産物の需要は高まっているものの、個人で取り組む場合は販路や物流、代金決済などの手間やコストが課題となり、まとまった生産者団体が少なく、マーケットが拡大しにくい要因となっているという。新ブランドの展開では共通のパッケージを用い、JAの物流網や代金決済機能を生かして生産者の労力とコストを低減。農産物の付加価値を高め生産者の所得向上、生産意欲につなげる。同社がブランド管理を担い、市はふるさと納税の返礼品とするなど支援する。

 この日、市役所で記者会見した山中社長は「有機農産物の潜在的マーケットは大きい。全国流通の仕組みをつくり、庄内全体のブランドに育てたい」と強調。JA庄内たがわの黒井德夫組合長は「担い手確保の環境づくりにもなり、互いに協力していきたい」と期待を寄せた。

 同社は第1弾として11月1日から、ベビーリーフを首都圏の食品宅配スーパーなどを通じて販売する。同社はブランド管理料の一部を、市が来春開校する「市立農業経営者育成学校(SEADS)」の運営経費に還元し、地域で農業人材を育成・確保する循環を創出したいとしている。

関連記事

調理法、地元漁師に学ぶ 児童ら刺し網体験で大漁 白浜・船浮小合同

 【西表】白浜小学校(長遠順二校長)・船浮小学校(中山盛延校長)合同の海洋教育「白浜の刺し網漁体験」が15日、行われた。地元の漁師、下地鮮魚店の下地勲さん・秀太さん親子が協力した。  朝、学校...

長野日報社

萩倉のクラフトビール 田村さんが醸造工場、初出荷 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町萩倉で、かつて同町の酒造会社で蔵人として働いていた田村治男さん(35)=同町東町上=がクラフトビールの醸造を始めた。同地に建てた醸造工場で4月から仕込んできたクラフトビールを5月...

紀伊民報社

濱中氏がGM就任 和歌山FB

 和歌山県田辺市出身の元プロ野球選手で、野球解説者の濱中治氏(43)が23日、さわかみ関西独立リーグに所属する和歌山ファイティングバーズ(FB)のゼネラルマネジャー(GM)に就任した。濱中氏は「...

田植え体験楽しむ 日ハムとコラボ B・Bも参加 田んぼのオーナー事業 厚真

厚真町内で農家の手ほどきを受けながら米作りを体験する2022年度田んぼのオーナー事業「田植え体験」が21日、町内幌内の水田で行われた。同日はプロ野球・日本ハムファイターズの被災地復興支援事業「ふぁ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク