全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

採卵体験、プリン作りも

採卵を体験する児童(田辺市龍神村柳瀬で)

 和歌山県田辺市龍神村福井、咲楽小学校の3、4年生11人は24日、龍神村柳瀬にある養鶏施設「とりとんファーム龍神農場」を訪れ、採卵を体験したり卵を使ってプリンを作ったりした。

 3、4年生の学年PTA(中島聡子代表)が、年間行事の一環として親子の触れ合いを目的に実施し、保護者11人も参加した。
 農場はIターンの養鶏業、石﨑源太郎さん(45)と妻の亜矢子さん(35)が経営している。採卵用の鶏はモミジとボリスブラウンの2種類計約500羽、食肉用の鶏はウコッケイなど5種類計約100羽を飼育している。
 源太郎さんは「鶏を飼育している様子を見て採卵もして、卵や鶏肉を感謝して食べることにつながればと思う。他の学校の児童や保育所の園児も受け入れたい」と話す。
 鶏舎で児童らは、卵を抱えている鶏を見たり、生まれたての卵を採取して籠に入れる作業を体験したりして目を輝かせ、保護者も興味津々の様子だった。
 この後、学校に戻り親子で調理実習をした。農場から提供された販売用の卵12個を使い、直径約20センチのプリン作りに挑戦。冷やして出来上がったプリンは切り分けて児童がまず試食し、残りは保護者用に持ち帰った。
 4年生の中島玲介君(9)は「鶏が卵を産む様子を見てすごいなあと感じた。プリンを作るのは少し難しかったけれど、卵の味がすごくして甘くておいしい」、4年生の西川柊花さん(9)は「鶏がどのように卵を産むのかよく分かった。産みたての卵は温かかった。プリンはぷるんぷるんとして甘い」と話した。

関連記事

長野日報社

宮坂製糸シルク工房の会 農林水産大臣賞受賞 長野県

長野県岡谷市郷田の宮坂製糸所が取りまとめる蚕糸絹業提携グループ「宮坂製糸シルク工房の会」が、第10回蚕糸絹業提携確立技術・経営コンクール(一般財団法人大日本蚕糸会主催)で最高賞の農林水産大臣賞...

雨の中、キビ手刈り ぬかるみでハーベスター入れず 石糖など関係6団体

 5月に入ってからの長雨の影響で畑がぬかるみ、ハーベスターが入れずサトウキビの刈り取り作業が大幅に遅れる中、石垣島製糖工場やJAおきなわ、石垣市など6団体の職員ら約20人が雨の降り続くほ場で手刈り...

長野日報社

特産「赤いルバーブ」 新施設で集出荷開始 長野県富士見町

長野県富士見町ルバーブ生産組合は23日、インターネット販売の注文者に向け、町特産野菜「赤いルバーブ」の集出荷を始めた。今季は町中心部の富士見区内に新たな集荷所を開設。同日は開所式を行い、さらな...

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク