全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ナウマンゾウ足跡再調査 「くぼみ」確認 幕別

11年ぶりに始まったナウマンゾウの足跡の化石発掘調査(化石発掘跡地)

 幕別町忠類のナウマンゾウ化石発掘跡地で29日、11年ぶりとなるナウマンゾウの足跡の化石発掘調査が始まった。初日から二つの層準(地層の単層と単層の間の面)で、くぼみを確認した。調査は11月2日まで、見学も可能。

 再発掘調査はナウマンゾウ化石発見50周年を記念して、町が北海道博物館の協力を得て実施した。同博物館学芸員の添田雄二学芸員、足寄動物化石博物館の澤村寛館長らが調査団として作業に当たる。

 足跡化石はナウマンゾウ化石の年代を測定するため2008年に行った地質調査で確認され、北海道初のナウマンゾウの足跡と判明した。当時の調査では偶蹄(ぐうてい)類の足跡も確認されている。複数の足跡化石が見つかれば、群れによる移動など、ナウマンゾウの暮らしをうかがう手掛かりとなる。

 初日の午前中は11年前の調査地で、幅1.5メートル、奥行き4メートルの範囲を深さ最大1.5メートルまで掘り起こし、断面を調査した。ナウマンゾウの化石が見つかった地層から50センチと1メートルの層準で動物か砂れきに押された痕とみられるくぼみが複数見つかった。

 添田学芸員は「2層準で加重痕が見つかったのは成果」と手応えを感じていた。午後は、くぼみが見つかった層準を水平に掘り進めた。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク