全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

女流本因坊戦金勇対決 激しい攻防

藤沢女流本因坊(右)に上野女流棋聖が挑んだ女流本因坊戦5番勝負第2局(能代市柳町の旧料亭金勇で)

 囲碁の第38期女流本因坊戦5番勝負(共同通信社主催)の第2局は27日、能代市柳町の旧料亭金勇で打たれ、藤沢里菜女流本因坊(21)=女流立葵杯、女流名人、扇興杯を合わせて4冠=に上野愛咲美女流棋聖(18)が挑んだ。上野女流棋聖が形勢を大きく変える158手で白番中押し勝ちし、対戦成績を1勝1敗とした。平成26、28、30年の本因坊戦、29年の女流本因坊戦に続く金勇を舞台とした囲碁タイトル戦は歓迎ムードの余韻を残したまま閉幕した。第3局は、11月6日に東京・市ケ谷の日本棋院東京本院で開かれる。

 藤沢女流本因坊は開始5分前、上野女流棋士は直前に2階大広場(110畳)の対局室に入り、盤上を拭き清めて定刻を待った。午前9時、先番(黒番)の藤沢女流本因坊が初手を右上隅星に打ち下ろすと、上野女流棋聖は左下隅星と続き、熱戦が幕を開けた。
 上野女流棋聖は秒読み段階に入った終盤、劣勢を一気に覆す妙手を打ち、午後6時25分に藤沢女流本因坊を「投了」に追い込んだ。持ち時間各4時間のうち、残り時間は藤沢女流本因坊が1分、上野女流棋聖が2分だった。
 劇的な形勢逆転で1勝1敗のタイに持ち込んだ上野女流棋聖は「負けたと思ったが、運が良かった。これまで地方で勝てたことがなかったので、自信になった。ただ内容では負けていたので、第3局は後悔がないように打ちたい」と話した。
 2期連続4度目のタイトルを目指す藤沢女流本因坊は2連勝を逃し「序盤、中盤と甘く、苦しかった。自信を持って勝負に臨んだが、もっと良い攻めがあったかもしれない」と語った。
   同市で囲碁タイトル戦が開かれたのは26年の本因坊戦が最初。能代市出身の脚本家加藤正人さん(65)、囲碁の高尾紳路九段(43)が尽力し市が誘致した。本因坊戦能代市開催実行委員会(委員長・斉藤市長)は今後も本因坊戦にちなんだ囲碁タイトル戦の誘致を目指す。

関連記事

帯広の森50年 後世へ シンボルツリーを植樹

 「帯広の森」の造成開始から50周年を迎え、記念植樹と森づくりの集いが19日、市内の帯広の森で行われた。市民ら約100人が見守る中、米沢則寿市長や歴代市長らは新たなシンボルツリーとなるハルニレ...

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク