全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ようやく見頃 南部梅林

見頃を迎えた南部梅林(17日、みなべ町晩稲で)

 寒さのために開花が遅れていた、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林が、ようやく見頃を迎えた。開花状況は17日現在、場所によってばらつきがあるが、全体的には七分咲きという。来週中には満開を迎えそうだ。  南部梅林は「一目百万、香り十里」といわれ、世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」の認定地。  この日は午前中から続々と観梅客が訪れた。大阪府岸和田市から家族で来た大学1年生の澤瑞歩さん(19)は「南部梅林に来たのは初めて。桜とはまた違った感じだし、山の景色もきれい」と笑顔をみせた。  運営する「梅の里観梅協会」の片山清範会長(40)は「寒さの影響で例年に比べて1週間から10日ほど遅れたが、ようやく見頃になってくれた。来週中には満開になりそうなので、ぜひ多くの方にお越しいただきたい」と話している。 南部梅林では、土日曜に餅まきなどを催して観梅客を歓迎。フェイスブックでも随時、イベント情報を紹介している。問い合わせは梅の里観梅協会(0739・74・3464)へ。  同じく世界農業遺産の認定地である紀州石神田辺梅林(田辺市上芳養)では18日、メインイベントの「祝梅祭」が開かれる。野だて(午前11時~午後2時)や大正琴演奏会(午前11時と午後1時)、餅まき大会(午後2時)などを催す。  問い合わせは紀州田辺観梅協会(0739・26・9931)へ。

関連記事

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

長野日報社

湖上花火にサイクリングロード JR上諏訪駅が夏の観光誘客ポスター 長野県

JR上諏訪駅(長野県諏訪市)は、首都圏の駅に掲示や表示する夏版の観光誘客用ポスターを2枚作った。1枚は全線開通した諏訪湖サイクリングロードの写真を載せ、もう一方は諏訪湖花火で特徴的な水上スター...

北羽新報社

「ツツジの名所」見頃迎える 能代市の能代公園・きみまち阪公園

 能代市の能代公園と、同市二ツ井町のきみまち阪県立自然公園でツツジの花が見頃を迎えている。ともに今月末まで「つつじまつり」期間に設定、色とりどりの花が園内を彩り、訪れる人たちの目を楽しませ...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク