全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ようやく見頃 南部梅林

見頃を迎えた南部梅林(17日、みなべ町晩稲で)

 寒さのために開花が遅れていた、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林が、ようやく見頃を迎えた。開花状況は17日現在、場所によってばらつきがあるが、全体的には七分咲きという。来週中には満開を迎えそうだ。  南部梅林は「一目百万、香り十里」といわれ、世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」の認定地。  この日は午前中から続々と観梅客が訪れた。大阪府岸和田市から家族で来た大学1年生の澤瑞歩さん(19)は「南部梅林に来たのは初めて。桜とはまた違った感じだし、山の景色もきれい」と笑顔をみせた。  運営する「梅の里観梅協会」の片山清範会長(40)は「寒さの影響で例年に比べて1週間から10日ほど遅れたが、ようやく見頃になってくれた。来週中には満開になりそうなので、ぜひ多くの方にお越しいただきたい」と話している。 南部梅林では、土日曜に餅まきなどを催して観梅客を歓迎。フェイスブックでも随時、イベント情報を紹介している。問い合わせは梅の里観梅協会(0739・74・3464)へ。  同じく世界農業遺産の認定地である紀州石神田辺梅林(田辺市上芳養)では18日、メインイベントの「祝梅祭」が開かれる。野だて(午前11時~午後2時)や大正琴演奏会(午前11時と午後1時)、餅まき大会(午後2時)などを催す。  問い合わせは紀州田辺観梅協会(0739・26・9931)へ。

関連記事

長野日報社

蓼科湖で数十年ぶり花火大会復活 10月に大型イベント 長野県茅野市

長野県茅野市郊外の蓼科湖で10月15日、湖上花火大会が数十年ぶりに復活することが、20日に同市のマリオローヤル会館で開いたちの観光まちづくり推進機構(DMO)第5回定時社員総会で明らかになった...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

長野日報社

富士見高原リゾート シャクヤクが見頃 長野県

 長野県富士見町境の富士見高原リゾートで、花の里「白樺エリア」に植わるシャクヤクが見頃を迎えている。淡いピンクや白、赤色などの大輪が緑の中で映え、訪れた人たちが鮮やかな花色と甘い香りを楽しんで...

長野日報社

農村歌舞伎の舞台を宿に 長野県岡谷市の建物改修、一棟貸し

 古材や古道具のリサイクルショップ「リビルディングセンタージャパン(リビセン)」(長野県諏訪市小和田)が、農村歌舞伎の舞台として江戸時代に造られた岡谷市湊の建物を改修し、一棟貸しの簡易宿泊施設と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク