全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

10年前の思い開封

こどもの頃埋めたブラジル人のタイムカプセル

 10年前に豊橋市に住んでいたブラジル人の子どもたちが市少年自然の家に埋めたタイムカプセルが27日、市役所で開封された。「10年後の私と豊橋」をテーマに書いた作文や、集合写真など思い出の品を見ながら、参加者は「昔に比べて住みやすくなった。これからもこの街で暮らしたい」などと、 「第二の故郷」への思いを新たにした。  タイムカプセルは2009(平成21)年10月、佐原光一市長と外国人児童の交流会の中で埋めた。多米、岩田の両小学校とブラジル人学校の子どもたち計30人が作文を寄せ、10年後の開封を約束していた。  掘り起こしは台風19号の影響で中止となり、市多文化共生・国際課職員が代わりに行った。開封には、NPO法人ABT豊橋ブラジル協会が協力、連絡が取れた6人が参加した。  青色のビニールシートを外し、プラスチックのケースからラミネート加工された作文や手紙を取り出すと、歓声が上がった。  「夢は服のデザイナー」と作文に書いたユミさん(20)は現在、市内で美容師として働く。「豊橋が大好き。これからも住み続けたい」。豊川市の児童クラブで働くソウザ・メラ・マリアナ・ミチエさん(23)は「当時は来日1年くらいで、日本語もしゃべれず、生活も大変だった。今はテクノロジーが進み、暮らしやすくなった」と話していた。  参加者が作文を読み上げる中で「日本人とブラジル人がもっと仲良くなっていてほしい」との10年前の願いを伝えたブラジル人女性に対し、市職員は「さらに10年後、もっとよくなっているよう頑張ります」と新しい約束を交わした。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク