全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

家々を踊り清め、集落繁栄願う 伝統の稲作行事「種下ろし」にぎやかに 龍郷町

踊りの輪をつくる住民=25日、鹿児島県奄美大島龍郷町中戸口

 鹿児島県奄美大島龍郷町の各集落で25日夜、「種下ろし」が行われた。翌年の豊作を祈り、1年間を締めくくる伝統の稲作行事。住民や出身者が家々を踊り清め、家内安全や集落の繁栄を祈った。

 以前は集落全ての家を回って夜通し踊り明かしていたが、現在は新築の家や転入者の家などを中心に数軒を持ち回りで巡るかたちが一般的。迎えた家では心づくしの手料理や奄美黒糖焼酎が振る舞われる。

 中戸口集落(植田敏博区長、120世帯)では25日、男女が踊りの輪をつくって歌掛けを響かせた。ハナ(寄付)の披露に六調が続くと、熱気は最高潮に達した。

 自宅庭にごちそうを広げて出迎えた松尾昭宏さん(48)は「集落の女性たちがたくさんの料理を持ち寄ってくださりありがたい。住民みんなと会える種下ろしは1年で1番重要な行事」と顔をほころばせた。

 踊りの輪には県外からの参加者もいた。奄美市出身で東京都在住の久保悦子さん(68)は妹、弟とともに飛び入り参加。「弟はビデオを取り寄せて奄美各地の唄と踊りを予習するくらいのお祭りファン。影響を受けて今回初めて参加したが、にぎやかで楽しかった」と話した。

 同町ではこの日、秋名、幾里、嘉渡、龍郷、瀬留でも種下ろしが行われた。多くの集落で2、3晩かけて実施される。

関連記事

荘内日報社

平田牧場×幸楽苑

 全国でラーメン店を展開する「幸楽苑ホールディングス」(福島県郡山市、新井田昇社長)は、「平田牧場」(酒田市、新田嘉七社長)と新商品「Wチャーシューめん」を共同企画し21日、幸楽苑全492店舗で販売を開...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 対象施設増やす

 南紀白浜エアポートとNECは、和歌山県白浜町内で展開している顔認証システムの実証実験の対象施設を6カ所増やし12カ所にした。バスチケットの購入や観光施設に入場する際などにも利用できるようになり...

プラネタリウム新番組 太陽や星の動き…子どもにも多くの発見 陸別

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)で、11月からプラネタリウムの新番組「星空を見上げよう」を上映している。  小学4年生のセイヤとルナが博士と会話をしながら楽しく学べる...

宇部日報社

設立55年の節目祝う 西岐波みかん生産組合が式典【宇部】

 西岐波みかん生産組合(上田博昭組合長、21人)の設立55周年記念式典が21日、宇部市西岐波のミカン畑で開かれ、組合員、来賓ら19人が出席し、節目を祝った。  同組合は1963年に発足。現在は2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク