全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

家々を踊り清め、集落繁栄願う 伝統の稲作行事「種下ろし」にぎやかに 龍郷町

踊りの輪をつくる住民=25日、鹿児島県奄美大島龍郷町中戸口

 鹿児島県奄美大島龍郷町の各集落で25日夜、「種下ろし」が行われた。翌年の豊作を祈り、1年間を締めくくる伝統の稲作行事。住民や出身者が家々を踊り清め、家内安全や集落の繁栄を祈った。

 以前は集落全ての家を回って夜通し踊り明かしていたが、現在は新築の家や転入者の家などを中心に数軒を持ち回りで巡るかたちが一般的。迎えた家では心づくしの手料理や奄美黒糖焼酎が振る舞われる。

 中戸口集落(植田敏博区長、120世帯)では25日、男女が踊りの輪をつくって歌掛けを響かせた。ハナ(寄付)の披露に六調が続くと、熱気は最高潮に達した。

 自宅庭にごちそうを広げて出迎えた松尾昭宏さん(48)は「集落の女性たちがたくさんの料理を持ち寄ってくださりありがたい。住民みんなと会える種下ろしは1年で1番重要な行事」と顔をほころばせた。

 踊りの輪には県外からの参加者もいた。奄美市出身で東京都在住の久保悦子さん(68)は妹、弟とともに飛び入り参加。「弟はビデオを取り寄せて奄美各地の唄と踊りを予習するくらいのお祭りファン。影響を受けて今回初めて参加したが、にぎやかで楽しかった」と話した。

 同町ではこの日、秋名、幾里、嘉渡、龍郷、瀬留でも種下ろしが行われた。多くの集落で2、3晩かけて実施される。

関連記事

更別の農家 松橋さん聖火ランナーに 「子どもに夢と希望を」

 松橋農場(更別村上更別)代表の松橋泰尋さん(36)が、2020年東京五輪の聖火ランナーに選ばれた。6月14日に道内を走る。持続可能な循環型農業の実現を見据え、農業や飲食店経営に精を出す松橋さ...

第7回全国海洋教育サミット 船浦中と古見小が発表 自然の大切さやごみゼロ..

 【東京】第7回全国海洋教育サミットー気候変動と海洋リテラシーー(主催・東京大学大学院教育学研究科付属海洋教育センター、日本財団法人)が15日、東京大学本郷キャンパスで行われた。海洋教育に取り組...

長野日報社

「寒天の日」にぎわう 茅野でPRイベント

 県寒天水産加工業協同組合と茅野商工会議所は15日、「寒天の日」(16日)に合わせた寒天PRイベントを、茅野市の茅野市民館イベントスペースで開いた。生天(ところてん)の無料配布や寒天入り豚汁の...

紀伊民報社

小型電気車でらくらく温泉街観光

 和歌山県白浜町は、小型電気自動車を用いた実証実験を17日に始める。小回りが利く車両を使うことで白浜温泉街の周遊性を高め、消費の拡大につなげるのが狙い。走行データなどを収集、分析し、来年度以降の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク