全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

各国閣僚が活発議論 倶知安でG20観光相会合

観光に関する世界の課題と展望を論議した観光相会合=26日午前9時10分ごろ

 観光に関する世界的な課題や展望を話し合う20カ国・地域(G20)観光相会合が25、26の両日、後志管内倶知安町のホテルで開かれている。27カ国・地域と4国際機関から約200人が参加。26日午前は「持続可能な観光」をメインテーマに議長国の日本から赤羽一嘉国土交通相らが出席し、各国閣僚と議論を進めた。

 6月に大阪で開かれたG20首脳会議に併せ、財務相などの閣僚会合も11月まで全国8都市で順次行われている。閣僚会合で観光相会合が実施されたのは今回が初めて。

 議論のポイントは、世界各国の共通課題である▽持続可能な開発目標(SDGs)に対する観光の貢献▽観光客と地域社会に貢献する観光マネジメント▽持続可能な観光を推進する技術革新―など。観光客の急増に伴う騒音や交通渋滞によって、地元住民の生活に支障が生じる観光公害への対応などを協議。赤羽国土交通相はあいさつで「観光は世界のGDPの10%を占める一大産業で雇用や自然の保護につながる。持続的な発展を実現し、平和な国際社会の実現を果たそう」と述べた。

 25日は道や経済団体、倶知安町でつくる実行委員会が町内で歓迎レセプションを企画。各国の閣僚、道や同町の関係者ら約250人が出席した。鈴木直道知事は「北海道は雄大な自然、新鮮な食材、独自の歴史と文化を持つ。会合をきっかけに北海道と各国の絆が一層深まれば」とスピーチ。鏡開き後の乾杯では、胆振東部地震の復興支援として東胆振ゆかりの地酒「美苫」と「あびら川」が振る舞われた。

 会場では、むかわ町産のレタスをサラダに使うなど、道産食材にこだわった料理を提供。白老町で来年4月にオープンする民族共生象徴空間(ウポポイ)の紹介ブースやアイヌ古式舞踏も披露され、北海道の魅力をアピールした。

 26日午後はIT(情報技術)などを用いて持続可能な観光を推進する官民セッションを開催。議論を取りまとめた共同宣言を採択する見通しだ。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク